ゆうの部屋

ドラマー&パーカッショニストの佐藤 由が思いのたけを綴ります

gigabar tokyo 卒業 ありがとうございました

2011年10月20日 | Weblog
少しずつ寒くなってきましたね。布団から出たくない季節がやってきますね。

春から夏になるとき、外を歩いていて、あぁ暖かくなってきたな、夏が近づいてきたなと感じるとなんだかワクワクします。
逆に秋から冬になるとき、だんだん寒くなってくるとなんだか寂しいような憂鬱な気分になります。
これからの季節、苦手だなぁ。けどがんばるぞ。


さて先日、長い間お世話になったライブバーgigabar tokyoを卒業しました。
もともと0830(エイトサーティー)というお店がありその時代から演奏していたので、約5年間お世話になりました。

この5年間、本当に自分の中で濃い大切な5年だったと思います。
様々な人に出会い様々な経験をしひとつひとつ学んできました。

gigabarでも膨大な曲との出会い、ミュージシャンとの出会い、様々な職種の方との出会い、沸き起こる多様な気持ちとの出会い…。全てが僕を育ててくれました。

これからはこれら全ての経験を糧にさらに前進していきたいと思います。

本当にお世話になったすべての方に御礼申し上げます。

ありがとうございました!

そしてまたライブや何かの機会にお会いできるのを楽しみにしています。



今日はこれから大阪へ出発です。今年もう何回行ったんだろう。
明日の本番後、東京へ戻り池袋アムラックスホールにてDreamers Union Choirのゲネ。
あさって22日(土)は15時よりそのDUCの「Gotta Keep On」Liveです。こちら

DUCはグラミー賞アーティスト、The Sounds Of Blacknessの最新アルバムの2曲に参加しています。ぜひ!

そしてその翌日から再び関西ツアーに約1週間ほど出ます。
それでは!
コメント (2)

ふと気付くと

2011年10月03日 | Weblog
10月に入りましたね。すっかり涼しくなって半袖だと寒いくらい。

昨夜、練習の帰り道車で走っていると
「ん、道路が明るいな。消えているランプがない」
と気づきました。

震災後節電でうちの目の前の甲州街道も必要最低限のランプしか付かなくなりかなり暗くなりました。

だけど昨夜ふと気付くと全部ランプが点灯している。
夏を乗り越えたからでしょうか。
いつもの明るさに戻っていました。

時は止まることなく流れていきます。

時とともに前を向いて一歩一歩、歩いていきたいな。
コメント (4)