ゆうの部屋

ドラマー&パーカッショニストの佐藤 由が思いのたけを綴ります

取材を受けました。

2008年03月28日 | Weblog
「月刊ピアノ」という雑誌をご存知ですか?


僕のピアニストとしての側面を取材したいというので。




うそです。





季節は春。ピクニックに行って楽器がなくても、身体や周りにあるものを叩いてリズム遊びができちゃう的な特集らしいです。

打楽器エンタチーム FUNCUSSION の仲間と受けてきました。

月刊ピアノ5月号 4/19発売。巻頭カラー特集。

興味のある方見てみてください。


あんなに手や足を部分的に写真に取られたのは初めてだな。



コメント

中野ブロードウェイ

2008年03月25日 | Weblog
ソニックのリハをしたあと、メンバーのじろーさんと中野をぶらぶらしました。

じろーさんは中野出身です。
中野という街に住んでるのがうらやましく感じます。
新宿から電車で4分なのに、都会過ぎずローカルなにおいがする。
中野独特のカルチャーがある。
そういう街に惹かれます。

案内されるままに中野ブロードウェイへ。

中野ブロードウェイは最近読んだ小説「サウスバウンド」の中でも主人公の少年の遊び場所として登場します。


ここがその場所かぁ。


ブロードウェイという名前が全く似合わない。


確かに本の中でも主人公が学校の帰り道友達とマンガを立ち読みしたり、ゲームをやったりする遊び場として登場していた。


しかしこの中野ブロードウェイ、実にマニアックな店が多い。
階段を上がれば上がるほどその傾向が強くなる。

ビックリマンチョコの「スーパーゼウス」が70000円で売ってたかと思うと
キンケシこときん肉マン消しゴムが山のように置かれてたり。


懐かしい。。


これで兄弟で遊んだことを思い出しほのぼのしてしまった。


中野ブロードウェイ。
誰がいっても心をくすぐられるものが見つかるでしょう。
コメント (1)

仕事に救われる気がした

2008年03月22日 | Weblog
最近急に仕事が3つくらい立て続けにキャンセルになり、ぽっかり予定が空いてしまった。
休みは嬉しいっちゃ嬉しいけど、続くとだんだん焦りに変わる。
もちろん仕事をしないとお金も入らないわけで。


今日仕事してるときに、仕事に救われる気がした。
仕事をするってことは単純にお金のためだけじゃなくて、自分の心のバランスを保つためにも必要なことだ。
特に僕のような仕事は。

これからちょっと忙しくても文句言わないようにしよう。
コメント (1)

生まれて初めて占いに…

2008年03月19日 | Weblog
行ってきました。

その日はオフだったので、思いつきで横浜中華街に行ったんです。
思いがけず中国のお祭りがやっていたのでそれを眺めながら、
やっぱり中国人はチャイナシンバルを使うんだなぁとか思っていたんです。

なんだか中華街には手相だとかいろいろ占いの看板出てますよね。
今まではちょっと興味があってもなんとなく敬遠していたんですが、その日は


経験してみるか。


意外と最近悩んでいるし。


そこで友人オススメの占いのやかたへ行き見てもらいました。


60代くらいの女性の先生でいったい何を言われるのだろうと最初ドキドキしました。
基本的に僕はラッキーな人らしいです。
御先祖様が強力にバックアップしていると。今まで意識したこともなかったですが。
そのほかにも仕事運やら今後のこと、手相などゆっくり見てもらいました。


占いというのは当たる当たらないというよりも、
自分自身と向き合い、アドバイスをもらってよりよい未来に進んでいくためのひとつの手段なんですね。

なんだか肩の力が抜け元気になりました。

コメント (1)

春ですねぇ

2008年03月16日 | Weblog
苦手でキライな冬がようやく去っていくのを感じます。

大好きです。春。
風が気持ちいい。
陽射しがやわらかい。
桜の樹の枝から蕾が出ています。

その季節になると思い出すその季節の記憶ってありますよね。
突然、まったく忘れていた何年も前の今頃の記憶が蘇って驚いたりします。
そんなときは、ボーっと景色でも眺めながら物思いにふけりたくなります。

今春もあとから思い出してもいい春にしたいものです。
コメント (2)

気分転換

2008年03月13日 | Weblog
さまざまな職業があるけど、仕事は大変だと思います。
内容的にだったり、人間関係だったり、それぞれに大変さがあると思います。


僕は好きな音楽をやっているけど、
ストレスを感じてしまう現場もあります。
ぐっと我慢しなくてはならないこともあります。


家に帰ってきてからビニーカリウタの映像を見ました。
僕の大好きなドラマーです。
プレイのひとつひとつがイチイチかっこよくて、ツボに入りまくります。
彼から元気をもらいました。
そして爆睡しました。
コメント (1)

肉体労働

2008年03月11日 | Weblog
ドラムを叩いていてこの言葉がときどき浮かびます。

ハードな曲になればなるほど、汗だくになりながらひたすら手足を動かし続け音を出し続けなくてはなりません。
疲れてきたからといってテンポダウンしたり音が小さくなったりというのも許されません。

昨日のステージはまさに肉体労働でした。

ステージが終わってからちょっと放心しました。

帰宅してからはあついシャワーを浴び丁寧に体をほぐしました。

体が資本です。
いくつになっても元気に叩いていたいです。
コメント (3)

青い男たち

2008年03月11日 | Weblog
前々から見たいと思っていた「ブルーマングループ」を観てきました。
DVDを初めて見たときにそのアイディアとブルーマンワールドに強く引き込まれました。
音楽とエンターテイメントを志している自分としては見ないわけにはいきません。

さすがでした。約100分のショーを休憩なしでやって飽きさせないネタの数々。
構成もよく考えられています。
お客さんを驚かせる仕掛けも満載でやられたという感じ。
もちろん仕込みに金かかってます。
会場の中はディズニーのアトラクションのようにブルーマンワールドになっていていやでもワクワクしてきます。
でも金をかければ面白いショーになるわけではない。
ささいなアイディアを時間をかけて練って、試行錯誤を繰り返し育ててきたから大きくなったんでしょう。

青い男たちを観て夢が膨らみました。
コメント (3)

近い将来

2008年03月09日 | Weblog
相変わらず、鼻ずるずるしてます。
でも風邪っぽいです。
風邪ひいたかなってときの、あの体の異変が少々感じられるので花粉症ではないでしょう。

昨日からなんどもそう自分に言い聞かせている気がします。


さて昨日はSONICのメンバーでもあるドラマー大菊勉氏のライブを見てきました。
ドリームシアターを彷彿とさせるようなハードなプログレロックバンドでした。
ジャンルはなんにせよ同年代の仲間ががんばっている姿には刺激を受けます。うかつにも彼がステージへ颯爽と上がっていく姿に見とれてしまった。

今がんばっている若いミュージシャンがそれぞれの第一線で活躍していけたらと願います。


コメント (1)

花粉症?風邪?

2008年03月08日 | Weblog
昨日はたっくさん叩きました。
スタジオにこもって個人練習をしたあと、みっちり5ステージ仕事で叩いてきました。
ものすごく疲れましたが演奏した後の疲れは気持ちいい。

なんだか帰り道で鼻がずるずる。
え、まさか花粉症?
今まで花粉症はなかったのに。

いや、ちょっと体がだるい気がする。声の調子も変だ。だからこれは風邪だろう。
風邪ですよこれは。

花粉症になりたくないです。。
コメント (2)