はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

伊東温泉 源氏湯

2017年03月14日 | 静岡県
伊東にある共同浴場の一つ。住宅街にひっそりとあってジモかと思いきやそうでも無い。看板もなく入口には「男」「女」の文字が扉に表示してあるだけ。また、営業時間がおよそ18時20分頃から19時頃でとても短い。というのは番台のおじさん曰く、利用者は毎日くるのは4人でたまに5人来るとの事。その方々が入浴を終えれば営業終了となるそうだ。

今回、伊東での宿泊先が源氏湯から徒歩3分ほどの距離でもあり18時30頃にドンピシャで到着。ちょうど組合員が来て電気が灯り営業開始のようだ。

番台のおじさんに200円を支払いカーテン向うの脱衣所へ移動。浴室内はかなりシンプルな造りとなっている。縦長の4人サイズタイル浴槽があり、浴室隅には別府ではお馴染みの湯溜め槽もありこれを上がり湯として利用している。洗い場にはシャワーどころかカランも無い。当日は結果的に自分が一番初めの客だったが、湯船の湯が7-8分目ほどだった。同浴の組合員によると「帰るころには溜まっているよ」との事。

お湯は無色透明、つるつるとする感じ。塩ビ管が加温源泉を湯船内に注入する仕組みで浴槽温度は40℃ちょうどくらいの温めになっていました。浴槽よりオーバーフロー状態前にはおそらく営業終了すると思われるが、湯使いは加温掛け流し。また伊東に来たら寄ってみようと思う。
(三昧・2017年2月)



宿泊したゲストハウスから歩いて近くの共同浴場「源氏湯」に散歩がてら行ってみました。こちらはジモ専ですが外来も可能の隠れた浴場です。管理人さんによると利用客は男女合わせて通常4人、多くて5人とのこと。地域の共同浴場というより、ごく限られた世帯の家風呂のような存在かと思います。よって営業時間は18:30~19時と大変短いです。

ちょうど18:30分頃到着すると、浴場には電気がついていました。昔ながらのレトロな浴場で、簡素な脱衣所にこぢんまりとした男女別浴室という造りです。浴室には3~4人サイズの長方形タイル浴槽がひとつあり、無色透明湯が掛け流されています。訪問時は湯溜め中で8割ほどの入りでした。ここのお湯が熱すぎずぬるすぎずの絶妙湯加減で、とても優しいつるつるとした肌さわりがあります。一番湯だったので鮮度の良さは言うまでもありません。

この日は浴場がやっている日は必ず来るというお婆ちゃん二人に加え、めったに来ないお婆ちゃんひとりもやってきて、私も含めかなりの賑わいとなったようです。
(まぐぞー・2017年2月)

▼外観/掲示/男性浴室

静岡県伊東市
18時30分頃~19時頃
基本的には月・金曜休み
200円
訪問:2017年2月

松原温泉170号泉 単純温泉 35.0℃ pH=8.3 成分総計=0.770g Na=199.6mg K=3.1 Mg=3.0 Ca=44.8 Cl=276.7 Br=0.2 I=0.6 SO4=121.0 HCO3=55.8 CO3=6.8 H2SiO3=56.0 HBO2=2.7 HAsO2=0.1 (H21.12.28)※温泉利用状況=加温あり
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 谷津温泉 共同浴場 | トップ | 肘折温泉 大穀屋旅館 »