はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

戸倉上山田温泉 有田屋旅館(宿泊)

2017年10月25日 | 長野県

戸倉上山田温泉に宿泊しました。共同湯など立ち寄りでは何度か来てはいましたが、宿泊するのは初ですね。最近はめっきりボリュームのある旅館食がキツくなり、今回は食事無しの素泊まりでお世話になりました。16時過ぎにはチェックイン、正面玄関前で車を停めた後は車も鍵もお宿の方に預けるシステムです。部屋は2階のトイレ付き10畳和室、備品やアメニティーは一通り揃っています。

浴室は1階にあり、大浴槽と小浴槽の二つ。夜22時に男女交替制で大小どちらの浴槽にも浸かることができます。宿到着時は大浴槽が男性でした。浴槽サイズからすれば少し広めにとられた浴室空間、これいいですね。空間中に漂い捲っているタマゴ臭がこちらのテンションをアップさせます。曇りガラス+外は歓楽街なので眺望は全く無いです。浴槽は5-6人サイズの石造り浴槽です。満たされている湯は見るもキレイな薄緑色透明な硫黄泉です。白濁した硫化水素泉も良いですが、この緑色硫黄泉の魅力も捨てがたいものがあります。壁から突き出た塩ビ管より約25L/minの投入。湯口43.8℃、浴槽では42.4℃、熱くなく温くなくストレスの無い適温入浴が味わえました。口に含むと苦エグ味、茹でタマゴ臭味がします。大浴槽には合計2回ほど浸かりました。

22時以降は男女入れ替えになっているので、今度は小浴槽に向かいます。こちらはタイル張りで2-3人の広さです。個人的には足を伸ばして浸かりたいのでそうとなると贅沢にも1人で独占サイズですね。浴室窓は同じく曇りガラスなので眺望は無し。投入量が少ないぶん、お湯的にも大浴槽の方に軍配があがります。チェックアウトまで合計3回浸かりました。チェックインからチェックアウトまで夜中でも入浴可能のシステムはとても有難いですね。

今回、我が家以外にも宿泊客が4-5組居たのですが、なぜか浴室はもちろん廊下通路や館内などで誰とも顔を合わすことがありませんでした。不思議なこともあるものですね。今度は食事付きで訪れてみたいです。
(三昧・2015年9月宿泊)



秋の連休シルバーウィークの初日に宿泊でお世話になった、戸倉上山田温泉にある昔ながらの温泉旅館です。戸倉上山田へ行こうと思い立ったのが前日の夕方ですが、混雑する時期で宿泊は無理かな・・とダメもとで電話をしてみると、すんなりとOK。ラッキーでした。戸倉上山田といえばスナックやバー、射的場などが立ち並ぶレトロな雰囲気漂う歓楽温泉地として有名でが、お世話になった有田屋もすぐ裏にはスナックが軒を連ねていました。到着した有田屋は昔ながらの風情あるレトロな木造の宿で、昭和の香りを残す戸倉上山田の町に違和感無く溶け込んでいました。ガラっと開ける木枠のガラス引き戸の玄関からして雰囲気あり「こういう宿のお湯は絶対にいい」と思わせます。お宿では若女将と若旦那、そしてしっかりと挨拶のできるかわいい子供達が迎えてくれました。

通された部屋は帳場近くにある二階の十畳間で、昔ながらの和室です。到着するとすでに布団が敷かれていました。部屋付きのトイレは真新しいウォシュレット、付属の洗面台も真新しく、古いものを残しつつ要所要所を綺麗に改装し使い勝手はとても良いです。窓はスナックの立ち並ぶ路地に面していて夜の騒音を心配していたのですが、各店の防音がしっかりしているのか、カラオケなどの音はまったく聞こえませんでした。ちなみに今回は素泊まりだったので食事の感想はなしです。

肝心のお風呂は一階に大小二つの内湯があり、男女入れ替え制となっています。夜10時に男女が入れ替わり、お風呂は一晩中入る事ができます。まずは小浴室ですが、こぢんまりとした浴室に3人サイズの長方形浴槽がひとつあり、湯口より熱い源泉が流し込まれています。浴槽内でやや熱め寄りの適温、美しいグリーンがかった澄んだ湯で、タマゴ臭がプンプン香ります。この辺りの浴場でよく見られるサイフォン式の排湯の他に、人が浸かるとザバーッと溢れ出しがあり、当然のように掛け流し利用です。こぢんまりとした浴槽と、浴室内に満たされる温泉臭が気に入り3回ほど通ってしまいました。

お次は大浴室ですが、こちらは広さのある浴室に5人サイズの浴槽がひとつあります。使用源泉と湯使いは小浴室と同じですが、こちらの方が投入量が多く湯の鮮度と熱さは上を行っています。湯色のグリーンも美しく、お湯としてはコチラの大浴槽の方が上でした。当然大浴室の湯も気に入り3回ほど通ってしまいました。

今回初めて宿泊した戸倉上山田温泉ですが、あの濃厚で浴感の強い美しく澄んだグリーンの湯を、ほぼ貸し切りで一晩中楽しめる贅沢さ、ココは絶対に宿泊で堪能すべきと感じました。
(まぐぞー・2015年9月宿泊)

▼外観

▼宿泊した部屋/お茶セット

▼部屋には洗面台と新しいトイレがありました/窓の外はスナック街

▼大浴場/浴槽

▼湯口/緑色の湯

▼溢れ出しは戸倉上山田温泉お馴染みの排湯穴

▼小浴室も鮮やかな緑の湯

長野県千曲市上山田温泉1-69-1
0262751006
立ち寄りに関しては未確認
宿泊しました:一泊素泊まり5400円+入湯税150円
訪問:2015年9月(泊)

上山田温泉株式会社源泉(混合)26号、26号、30号、32号、35号、40号、41号、43号、46号 アルカリ性単純硫黄温泉 44.0℃ pH=8.6 溶存物質計=537mg Li=0.1mg Na=142.3 K=3.0 Mg=0.4 Ca=26.8 Sr=0.3 F=1.0 Cl=186.3 Br=0.7 I=0.2 HS=15.2 S2O3=2.0 SO4=64.4 HCO3=39.5 CO3=4.0 H2SiO3=45.1 HBO2=5.7 H2S=0.4 (H22.8,12) ※温泉利用状況=厳寒期のみ一部源泉について時間加温する場合があります
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 野沢温泉 秋葉の湯共同浴場 | トップ | 野沢温泉 松葉の湯共同浴場 »