はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

雲母温泉 寿荘

2017年04月27日 | 新潟県


雲母温泉の旅館街から国道反対側の高台にある温泉旅館です。休前日の昼下がり、立ち寄りするべく玄関をくぐる。すると高校生くらいの息子さん?若若旦那?が応対してくれて受付完了。

浴室は2階にあり、少しいムシムシする浴室の中央部分に浴槽を配置してある。窓からの緑の庭園に癒される。角タイル造りで5-6サイズ、湯船縁は御影石。底部より湯の注入があり、それと同量の湯がオーバーフローしている。お湯はキレイに澄んだクリアな透明湯、弱温泉臭、つるつるとした浴感もある。とにかく湯汚れをか感じさせないのがいい。高温源泉なので加水はあると思われるが、激熱の源泉をちょろちょろ投入の鮮度不足湯よりも良いかと思う。浴槽にて43.7℃、掛け湯で十分に熱さに慣らしてから湯に身を沈めた。満足の湯であった。
(三昧・2014年8月)



新潟県と山形県の境に近い静かな雲母温泉の宿です。温泉宿の並ぶメイン通りから少し離れた場所に位置しているので、まるで一軒宿のような印象も受けますが雲母温泉を名乗っています。立ち寄り時間がよくわからなかったのですが飛び込みで伺うと快く迎え入れてくださいました。

館内はスッキリとした印象で、廊下はピカピカに磨かれ清潔感があります。浴室は男女別内湯と家族湯があましたが、家族湯の立ち寄り利用がOKかどうか不明だったので、今回はおとなしく男女別を利用です。

女性浴室は5人サイズのタイル浴槽がひとつあり、無色透明の湯がかけ流し利用されています。源泉は浴槽の底より直注入、やや熱めの湯はひとつの汚れも無いとても綺麗なもので、スッキリとした爽やかな温泉臭が香り心地よいです。窓の外には手入れされた中庭が見え、これも心を癒してくれます。浴室自体はシンプルで派手さはないですが、だからこそ湯の良さが際立つ一浴です。鮮度抜群の肌に染み入る感が心地よく、いつまでも浸かっていたい、そんな去りがたい湯でした。
(まぐぞー・2014年8月)

▼外観

▼館内

▼浴室入口/掲示

▼男性浴室

▼浴槽底から源泉投入/浴室から見える庭

▼女性浴室

▼浴槽/溢れ出し

▼家族湯

新潟県岩船郡関川村大字上関669
0254641130
立ち寄り時間要問合せ
500円
訪問:2014年8月

雲母2号(金子)ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 95.0℃ 48L/min(掘削自噴) pH=7.6 溶存物質計=2627mg Li=2.6mg Na=755.6(81.85mv%) K=80.5 Mg=1.3 Ca=94.1 Sr=1.2 Al=0.2 Mn=0.1 F=6.4 Cl=1005(70.22) Br=3.8 I=1.3 S2O3=0.4 HS=0.4 SO4=458.3(23.63) HCO3=125.7 H2SiO3=78.8 HBO2=11.5 CO2=5.3 H2S=0.1 (H16.1.15) ※温泉利用状況=掲示確認できず
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 三条の湯(テント泊) | トップ | 草津温泉共同浴場利用要件 »