はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

戸倉上山田温泉 白鳥園

2017年06月29日 | 長野県
以前にあった施設自体を完全に取り壊して新しい建物で完全リニュアルオープンした白鳥園。公共の温泉施設で運営は民間委託している。以前の古い建物の面影は一切ない。券売機で利用券を購入して温泉受付する。浴室は二階、他にも食堂やジェラードなどの売店、ほぐし屋さん、甘く香ばしいような独特の香りがするパン屋さんなどもある複合施設の印象も受ける。

内湯は湯気モウモウで室内全体を見渡せない。浴槽は横長で15人はいけそうな広い石造り。木製湯口よりタマゴ臭を放ち源泉と思われれ湯を約15L/minほどの落とし込みあり。浴槽内で吸い込み掃き出しありの循環利用。他にも浴室内にはサウナの設置もある。露天風呂も各種あり、メイン露天浴槽と小浴槽、更には一人用の寝湯浴槽が3つ横並びで配置されている。10人サイズのメイン露天浴槽は屋根掛けされているが、訪問当日のように強風と降雪状態では意味がない。無色透明、湯口にてタマゴ臭、体感42.5℃で掛け流しでしょう。戸倉上山田の強いタマゴ臭を求めていくと期待外れになるかも知れない。寝湯にはザブンとだけ浸かったがぬるめの温度、小浴槽は見学のみで詳細は不明。湯上り後は世代間交流室という大広間で一休みもいいだろう。今回は時間外で挑戦できなかった湯上りジェラードに挑戦したい。
(三昧・2016年1月)



全てを建て直し、完全新施設として生まれ変わった「白鳥園」です。打ちっぱなしコンクリやガラス窓を多用したスタイリッシュな造りで、メニュー豊富なレストランや焼きたてパンも売られるカフェも併設、以前の鄙びた昭和風情漂うB級の面影は、もうどこにもありません。ただご高齢のお客さんが多いのは以前のままで、今回もオープン時間に合わせての一番乗りでしたが、同時に多くのお客さんが訪れていました。

受付(券売機)は一階、浴室は二階にあります。二つの大浴場は露天風呂の造りが違い、月ごとに男女入れ替えとなるようです。今回女性用だったのは壷湯側でした。脱衣所を抜け先ずは内湯へ向かいました。浴室内は真冬のため湯気がモウモウとたちこめ、少し先も見えにくい状態でしたが、おかげで暖かさがありました。使い勝手のよい洗い場スペース、サウナもあり、15人サイズの浴槽がひとつあります。湯口よりタマゴ臭のする源泉を投入しつつ、浴槽内でハードな吸い込みと吐き出し稼動、湯使い的には新湯を少し投入しつつの循環利用といったとこでしょうか。無色透明の湯は浴槽内ではタマゴ臭は飛んでしまっています。ただし朝一の訪問だったので湯の状態は悪くなく、気持ちよく湯浴みができました。

続いて露天風呂へ。メイン浴槽として7~8人サイズの円形浴槽、そして一人用の壷湯が三個あります。円形露天風呂は優しいタマゴ臭の熱い源泉が投入され、浴槽内でやや熱め寄り適温の無色透明、湯面からもほんのりタマゴ臭が香ります。浴槽内に吸い込みがありましたが、これはおそらく(想像ですが)壷湯へ二次利用されているのかな?円形露天風呂が一番湯の状態が良く楽しむ事ができました。なお常連さんによるとオープン当初は木の浴槽が滑って危なかったようですが、訪問時は滑り止めが施されていました。

壷湯は適温湯を投入、ややぬるめ寄り適温湯の掛け流しとなっていました。人が浸かるとザバッと溢れ出す壷湯お馴染みの光景です。円形露天風呂より少し高い位置に造られているので、壷の中から目の前の山々を眺める事ができ気分良いです。難点は真冬の訪問では風向きにより雪が強く吹きつけ、とにかく寒い事。体はあたたかいけれど頭は極寒なんですよね。この壷湯は真冬以外がいいかな。

それにしても、とにかくまぁ大人気の施設で、次々とお客さんがやってきます。特に2階の休憩スペースはアッという間に埋ってしまい満員の掲示がされていました。温泉だけが目当てなら朝一番の湯の状態のいい時に浸かって、早々に撤収した方が良さそうです。
(まぐぞー・2016年1月)

▼外観

▼浴場その1

▼浴場その1

▼浴場その2

▼休憩室/やがて満席になりました

▼レストランです/注文したハンバーグ

▼カフェではパンの販売も/買ってみました

長野県千曲市戸倉2254番地
0262750400
9時30分~21時(受付20時30分)
第2火曜休み(祝日は翌平日)
600円
訪問:2016年1月

新戸倉温泉16号 白鳥園第一号源泉 アルカリ性単純温泉 34.9℃ pH=8.8 溶存物質計=422mg Na=110.4mg(87.75mv%) K=1.9 NH4=0.7 Mg=0.3 Ca=11.2 F=1.1 Cl=73.7(37.55) Br=0.2 OH=0.1 HS=0.9 SO4=72.4(27.26) HCO3=76.3(22.56) CO3=18.0 (H27.9.4) ※温泉利用状況=掲示見当たらず
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 別府温泉 割烹旅館関屋 | トップ | 「はしご湯のすすめ」は引っ... »