はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

咲花温泉 ホテル丸松

2017年11月09日 | 新潟県

咲花温泉街に並ぶお宿の一つ。休前日、宿泊客が到着する前の静かな時間帯に立ち寄る。訪れた時間帯の男湯は二階にある内湯のみの浴室で、女湯は内湯と露天風呂が一階にある。

少しムシッとする浴室空間、ガラス窓越しには阿賀野川の災害復旧工事が行われていた。石造り長方形の浴槽は7-8人サイズ、浴室空間自体に噴気臭とタマゴ臭が漂ってる。なんといってもこの湯の見た目の色が素晴らしい。薄い緑色透明、浴槽底までクリアーに澄んでいるので熱いだろうと推測しつつも手を触れる。44.4℃の熱めであった。石湯口からは48.8℃約20L/minもの湯が浴槽へ勢いよく注がれている。湯温に慣れるまでが辛抱どころだ。すっかり湯温に慣れて出入りを繰り返し楽しむ。すっかり出来上がった身体を脱衣所の扇風機で冷ましてお宿を撤収。さあ、今宵の宿泊先へ移動することにしましょう。
(三昧・2015年8月)



阿賀野川沿いに軒を連ねるお宿の一軒です。駐車場には大きな藁人形の正鬼様がドーンと睨みをきかせています。立ち寄りの有無はわからなかったのてすが、飛び込みで伺うと快くOKをくださいました。訪問時はお昼過ぎの時間帯、館内はつかの間の休息タイムで静まり返っています。

案内された浴室は一階と二階にあり、男女入れ替え制となっている様子。訪問時は一階の内湯+露天風呂が女湯となっていました。花咲か爺さんの描かれた脱衣所の扉を抜けると先ずは内湯です。やや薄暗い照明設定の浴室に7~8人サイズの長方形浴槽がひとつありました。湯口より、やや熱めの源泉が投入され、澄んだ深緑色の湯が適温で掛け流し利用されています。ハッキリとしたタマゴ明礬臭がプンプン香る湯で、浴槽底には白い粉状湯花が沈殿、ツルツルとした肌触りがあります。ややこなれ気味でしたが、お湯が柔らかくなり入りやすいものとなっていました。

続く露天風呂は4人サイズの石風呂で、湯口よりやや熱めの源泉+内湯からのこぼれ湯と思われるぬるい湯がチョロチョロ投入されています。浴槽湯はやや熱めでとても綺麗に澄んだ緑色の湯が掛け流し利用されています。こちらもタマゴ明礬臭がプンプン漂い、視覚・嗅覚共に満足度の高い湯となっています。内湯と比べ断然鮮度も良く、久々の咲花の湯をたっぷりと楽しむ事ができました。
(まぐぞー・2015年8月)

▼駐車場の正鬼様/外観

▼二階浴室

▼浴槽/湯口

▼一階内湯浴室

▼湯口/溢れだし

▼一階露天風呂

▼湯口/緑色の湯です

新潟県五泉市佐取2986
0250472331
立ち寄り時間要問い合わせ
700円
訪問:2015年8月

咲花温泉 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 48.3℃ pH=? 溶存物質計=1022mg Li=0.2mg Na=233.1(71.06mv%) K=7.0 NH4=0.8 Mg=0.8 Ca=75.7(26.49) Sr=1.2 F=1.7 Cl=286.4(51.96) Br=0.9 I=0.4 HS=20.5 S2O3=7.6 SO4=281.7(37.75) HPO4=0.2 HCO3=45.2 H2SiO3=55.5 HBO2=3.4 CO2=2.5 H2S=3.7 (H26.10.22) ※温泉利用状況=全ての項目で該当なし
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 伊豆山温泉 般若院浴場(閉館) | トップ | 榛名湖温泉 レークサイドゆう... »