はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

上諏訪温泉 ホテル鷺乃湯

2017年03月21日 | 長野県
客室55室、収容255名の立派な豪華系の大型温泉ホテルです。霧ヶ峰を歩いた後の日曜日の午後に立ち寄ってみました。フロントでは丁寧な応対できっちりしています。広い館内なので浴室までは小規模旅館の感覚に慣れた自分としては少し距離のある印象です。

脱衣所は設備備品が充実、洗面台もアメニティーが揃っていました。ガラスドア向こうには内湯浴室、横に長い石造りで15人はゆったり浸かれそうな広い浴槽です。湯船を満たす湯は薄ウーロン茶色透明、つるスベ浴感が特徴でモール系というのが感覚的に判断できます。半循環の湯使いでしょう。

次に露天風呂へ移動、周囲は近隣の大型ホテル旅館があるので囲いなどで上手く風呂を目隠ししている感じ。屋根ありのメイン浴槽と一押しの掛け流し浴槽である木樽風呂との品揃えです。露天メイン浴槽は6人サイズ、石造りでフチ木枠の造り。湯使いはやはり半循環、仕方ありませんね。

湯使いが良いのは先述の木樽風呂で、2人可能なサイズですができれば1人で独占したい大きさです。薄ウーロン茶色、弱モール臭、ツルツル感ありです。上諏訪の湯が掛け流されておりしばらく浸かりこんでしまいました。1500円と高めな入浴料金ですが、施設規模やら設備面からして妥当な設定かと思われます。
(2017年1月)



上諏訪温泉、片倉館の隣に位置する大型旅館です。上諏訪の中でもお湯が良いと評判だったので、霧ヶ峰散策の後に立ち寄ってみました。館内は社員旅行やツアーなどの団体さんに使われそうな綺麗系の日本旅館で、維持費がかかってそうな印象を受けます。

広々とした脱衣所を抜けると先ずは内湯です。広さのある浴室にシャワーが並び、いかにも旅館の大浴場といった造りです。内湯は12~3人サイズの長方形。湯口からは熱い湯とぬるい湯が同時投入、源泉を投入しつつの循環利用で、適温調整されたウーロン茶色の湯が満たされています。つるつるとした肌触りはあるものの、循環のためか源泉の良さは飛んでしまっているような印象です。

露天風呂は6~7人サイズの長方形で。やや熱めの湯を投入、浴槽内で適温。湯使いは内湯と同様に半循環ですが、こちらの方がいくぶん湯がいいように感じました。露天風呂からはお隣の重厚な片倉館が見え、うまいぐあいに借景状態となっています。

一人用露天風呂は完全掛け流しです。他の浴槽では飛んでしまっていた、ほんのり焦げゴム臭の香るウーロン茶色の湯が適温で溢れ気持ちよいです。ホテル鷺乃湯では、この浴槽がダントツで一番良いです。今回は他にお客さんがいなかったので、たっぷりと一人用露天風呂を満喫する事ができました。
(2017年1月)

▼外観

▼足湯とリアルな鳥

▼男性脱衣所/洗い場

▼男性内湯/湯口

▼男性露天風呂/別の角度から/蔵がありました

▼源泉かけ流し槽/湯口

▼女性脱衣所/内湯

▼女性露天風呂/浴槽から

▼源泉かけ流し槽/湯口

長野県諏訪市湖岸通3-2-14
0266520480
立ち寄りに関しては要確認
1500円(物味湯産手形で割引入浴しました)
訪問:2017年1月

上諏訪温泉湯元さぎの湯1号2号混合泉 ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉 46.9℃ pH=? 溶存物質計=1338mg Li=0.2mg Na=197.4(57.00) K=29.4 Mg=15.4 Ca=87.8(29.06) Sr=0.4 Ba=0.2 Mn=0.4 Fe2=0.5 F=0.7 Cl=58.5 SO4=0.5 HPO4=1.4 HCO3=820.1(88.59) H2SiO3=121.0 HBO2=4.3 CO2=61.1 (H10.1.22) 温泉利用状況=(大浴場内風呂・大浴場露天風呂)加水あり、加温あり、循環ろ過あり、塩素系薬剤の使用あり、(掛け流し露天風呂)全ての項目において該当なし
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« はしご湯のすすめは引っ越し... | トップ | はしご湯のすすめは引っ越し... »