はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

神泉の湯

2017年06月05日 | 新潟県


前身は「神立の湯」、経営が変わって現在は「神泉の湯」となっている日帰り温泉施設だ。訪問した6月はグリーンシーズンなので営業開始は12時からだ。建物入り口横には以前は飲泉所があったように記憶しているが、今回訪問した際には撤去されている。受付は階段を上がって扉一つ向こうにあった。当日の受付時は無人、利用客各自が料金箱に入浴料金を投入するシステムになっていた。小一時間後には管理人さんが常駐されていました。脱衣所入り口前にあるスペースには小上がりの畳敷きの待ち合わせ場所や、昔懐かしの今でも営業稼働しているテーブルゲームのインベーダーが置かれていた。

浴室は少し蒸しっとした空間、先客が居なかったので少し換気してスッキリ空間にする。御影石造りの5-6人サイズ、腰掛ゾーン付きの長方形浴槽が一つある。湯船縁の全方向からオーバーフローを確認。お湯は無色透明、弱温泉臭、軽いつるすべ感がある。特になんてこと無い湯だが、きれいに澄んだクリアーな湯が掛け流されており特別嫌いな方は居ないかと思われます。体感で42℃ほどで熱くもなくぬるくもなく適温にて湯浴みが楽しめました。入浴だけではなく、金土日の週末に限り素泊まりも可能のようです。登山やスキーなどの汗かき後の入浴にはもって来いの施設と言えるでしょう。
(三昧・2017年6月)



国道17号沿いに立つ日帰り温泉施設。スキーシーズンは立ち寄る時間帯を間違えると激混みの中での湯浴みとなるので注意が必要!当日は先客はおらず貸し切り状態でゆっくり湯を堪能させて頂く。入口玄関横には飲泉所がお客さんをお出迎え。きちんと新潟県の飲泉許可を取得している飲泉所でもある。受付の御主人はお客さんが居なくて暇そうである。館内通路奥手にも飲泉所があり、ジュースの自動販売機に混じって、ちゃっかりペットボトルに詰めた源泉を販売してたりもする。

男女別の内湯はそれぞれに内湯が一つのみある。2×3.5mのタイル張り長方形浴槽である。ジェットバスが6箇所あるがこれは必要無いと思う。浴槽内に吸引口があるがジェットバス用?ゴミ取り用?かは不明。湯は無色透明、無味無臭でこれといって面白みはない。しかし40℃ほどの絶妙の湯温の源泉が満たされ、浴槽縁よりドンドコと溢れる光景はたまらないものがある。かすかにきしむ浴感があるがほとんど無いに等しい。無色透明の湯ながら、贅沢な掛け流しが味わえる施設である。湯沢周辺は首都圏のスキーリゾート的な場所なので、くれぐれもスキー客が大勢押し寄せる午後1-2時以降には立ち寄らない事をお薦めする。
(三昧・2005年1月)



大源太山の下山後に、経営が変わりリニュアルオープンした神立の湯改め「神泉の湯」に行ってみました。外壁の名前部分以外は以前のままのような気もしますが、屋外にあった飲泉所と温泉スタンドは無くなっていました。階段を上がると受付や浴室がある構造は以前のままですが、全体的に改修されたようでトイレなども含め新しく綺麗になっています。受付前にはペットボトル詰めされた温泉水が並び販売もされていました。

男女別浴室は内湯のみというシンプルな造りで、風情うんぬんではない使い勝手重視の浴室です。以前と変わらぬ浴槽に、熱過ぎずぬる過ぎずの絶妙湯加減湯が静かに掛け流されています。弱いツルツル感のする湯は、一切の湯汚れない綺麗に澄んだもので、突出した個性はないものの癒されるような優しさがあります。人が浸かるとザバーッと溢れ出し、かけ流し量も申し分ありません。以前は稼働していたジェットバスも新経営では未使用で、これはこれで静かに湯浴みができてよいです。山歩きで疲れた体に丁度いい湯でした。
(まぐぞー・2017年6月)



新潟・群馬間を関越使わず行き来する「ザ・節約ルート」R17号でお馴染みの「神立の湯」です。否応無しに「源泉100%かけ流し」といった文字が目に飛び込み、「いつかは寄らねば」と思っていました。さて、訪問した「神立の湯」ですが、入口前には飲泉場があったり温泉スタンド(有料)があったりと、なんとも楽し気な雰囲気。が、一歩館内に入ると玄関前の賑やかさとは違い、やや寂しげな雑居ビルといった印象。階段を上ると「神立の湯」の受付はあります。

男女別浴場には7~8人程入られる浴槽がひとつ。そこに無色透明の適温湯(若干温め)が静かにかけ流しになっています。浴感が薄く突出した特徴はないものの、その分クセもなく長湯には良さそう。繁忙期であるウィンターシーズンでありながら、皆さんがゲレンデに行っている時間帯でもあった為、他にお客さんもなく貸し切り状態で湯に浸かる事が出来ました。湯上がりは御主人にすすめられるがままに蛇口のお湯をいただきましたが、浴感同様にクセのない湯でした。
(まぐぞー・2005年1月)

2017年6月

▼入口/館内

▼館内/インベーダーがありました

▼掲示

▼男性脱衣所/貴重品入れ

▼掲示/男性浴室

▼男性浴槽


▼湯口/溢れ出し

▼女性脱衣所/女性浴室

▼浴槽/洗い場

2005年・旧施設

▼外観/屋外の温泉スタンド

▼屋外の飲泉所

▼屋内の飲泉所

▼男性浴室/別の角度から

▼女性浴室

新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立字七谷切3448‐1
0257880260
12時(冬期10時)~20時30分(受付20時)
水曜日休み(冬期無休)
500円
訪問:2005年1月・2017年6月

湯沢上神立温泉 アルカリ性単純温泉 42.1℃ pH=8.9 78L/min(動力) 溶存物質計=160.4mg Na=23.9mg(55.91mv%) K=0.5 NH4=0.3 Ca=15.6(41.93) Fe2=0.2 F=0.1 Cl=17.7(28.57) SO4=31.7(37.72) HCO3=23.2(21.71) CO3=6.0 H2SiO3=40.7 HBO2=0.5 (H26.7.10) ※温泉利用状況=全ての項目で該当なし

【以前の分析】湯沢上神温泉 アルカリ性単純温泉(Na・Ca-SO4・Cl・HCO3型) 40.1℃ pH=9.4 135L/min(掘削1400m・動力) 成分総計=144.4mg Na=27.1mg(69.78mv%) K=0.5 Mg=0.01 Ca=9.9(28.29) Al=0.08 Fe2=0.05 F=0.2 Cl=18.5(30.52) HS=0.14 SO4=27.0(32.86) HCO3=22.1(21.13) CO3=6.6(12.91) HBO=1.1 H2SiO3=31.1 (H5.2.23)
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 土湯温泉 中の湯(休業中) | トップ | 亀川温泉 入江温泉 »