はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

如意輪温泉(閉館)

2017年07月14日 | 閉館・休業など【中国・九州】

この施設は閉館しました

住宅街の真ん中にある隠れた共同浴場です。こんな分かりにくい場所にありながらも別府温泉道スタンプ対象施設となっています。入湯時間は15時からなので注意が必要です。別府にはこういった午後から営業、お昼休みのある浴場などが数多くあるので事前に要確認です。16時頃に行ったので先客はお年寄りが一人のみ。おかげで湯は新鮮そのものを楽しむ事ができ満足。施設はかなり鄙びた外観で個人宅の庭先にでもあるような場所に建っており、なんとも不思議な感じです。

受付けで料金を払います。浴室内への入口を入ると脱衣所と浴槽が隣合わせになっていて、別府市内の共同浴場に多い造りとなっています。先客のお年寄りが浴槽中で運動するなか着替え開始。浴槽は長方形タイル型で2-3人が浸かればいっぱいになる大きさです。こういった浴槽はとても好みでなんともたまりません。湯は無色透明、石膏っぽい香りが漂います。43℃の源泉が浴槽内へ直接注入されており、湯の新鮮さはすばらしいです。湯の投入量もやはり別府市内の浴場に多いタイプのもので、自由に湯量を調整できる仕組みです。やはり新鮮な湯は何度浸かってもいいものであります。
(三昧・2005年3月)



徒歩で行くには別府駅からも鉄輪からも微妙に遠く、「まぁ行かなくていいかな?」と思っていた共同浴場。ラッキーにも別府名人Aさんが「別府へ来たなら、ここへ行かなくちゃ勿体無い」と連れて行ってくださいました。如意輪温泉は「へ?こんな所にあるの?」と思えてしまうような民家の間の細い路地を進んだ先にあります。その佇まいもまた実に鄙びた風情。知らなければ物置き小屋にしか見えないかもしれません。男女別の浴室にはシンプルな四角いタイル浴槽がひとつ。そこに無色透明の湯が満たされています。やや熱めのキリっとした心地よいもの。

先客に御夫人がふたりいらしたのですが「あら、あなた見ない顔ね」と直球で話し掛けられました。「旅行者です」というと「まぁー、よくこんな所がわかったわねぇ」と驚かれていました。「お湯が良いので連れて来ていただいたのです」というと、とても嬉しそうに「うん、うん」と頷かれていました。
(まぐぞー・2004年4月)

▼受付

▼掲示

▼男性浴室

▼お爺ちゃん運動中

この施設は閉館しました
大分県別府市南須賀1組
15時~21時→16時~20時
木曜日休み
80円→100円
訪問:2004年4月・2005年3月

ナトリウム-塩化物泉 (300m掘削の湧出泉らしい?)
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 城ケ沢温泉 グランドパーク城... | トップ | 津軽長寿温泉(閉館) »