はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

星山温泉 稲龍神山スポーツランド(閉館)

2016年12月27日 | 閉館・休業など【関東】
この施設は2016年3月29日をもって閉館しました




横須賀のはずれの山中に変わった入湯施設があるとの情報で9時のオープン時間と同時に突撃してきました。表通りから小道に入り住宅街を通過、道も細くなり山中へ。道路脇に車を駐車し最後は歩いてようやく到着。なにやらスポーツセンターに併設という事で、探して行ってみたら激鄙びた山の中の小屋に温泉がありました。近代的な建物のオシャレなスポーツクラブを想像して行くと、かなりのギャップに驚くばかり。受付は御主人が出て来て料金支払い。お風呂がある小屋まで50mを歩く。御主人曰く「敷地内に湧く16℃の冷鉱泉を引き、加熱利用している」との事。

小屋には浴室が2つある。事前に訪問を伝えていたので、お風呂の片方をすぐに入湯できるよう御主人が沸かしてくれていた、感謝。簡易な脱衣所、そのとなりに扉一枚で浴室がある。浴室には家庭用のステンレス浴槽が一つあり、保温蓋がしてある。水道蛇口が設置してあり捻ると冷たい源泉が出て来るようになっている。さては湯浴みと思い、保温蓋を取り除くとプ~ンとタマゴ臭が漂った。これは!と思い掛け湯して湯に浸かる。「たまらん」。浸かった瞬間にヌルッとした湯で中程度のヌルすべの浴感がある。湯はかなり薄~く緑がかった色で透明、ほぼ無味で弱いタマゴ臭がする。常時、加熱されていたので蛇口を捻って鉱泉をドンドコ投入して湯を楽しませて頂いた。ココの湯の特徴はなんといってもヌルすべする浴感に尽きる。アワも少量浮遊があった。山中の意外な所で良い湯に浸かれて満足だった。分析書は当然ながら、泉質などの詳細も不明。温泉好きなら一度訪問する事をお薦めしたい。
(三昧・2005年2月)



「ここが葉山?」と思える程の山の中で、辺は鬱蒼とした雑木林に囲まれています。フィリピンやミクロネシアの素朴な農村を思わせる小屋が雑然と立ち並び、屋根の上をタイワンリスがバタバタと走り回っています。浴室は2箇所あり各々を貸しきり利用。木の洗い場と、ひとり入ったら一杯の小さなステンレス浴槽がひとつ。とても綺麗に清爽され、気持ちよく利用できる浴槽です。浴室内は昼間だというのに真っ暗で、簡素な板張りの間から、ほんの少し射し込む光で、ようやく外の様子がわかる程度。壁の両脇には誰かが描いたちょっと侘びしい感じの風景画が飾られていました。

湯は冷たい鉱泉を沸かしたもので、入浴中は常に外で御主人が薪を燃やし加熱し続けます。アッという間に熱くなるので、蛇口より冷たい源泉を入れ適温に保ちます。さて肝心のお湯ですが、これは驚くものがあります。やや黄緑がかった無色透明は仄かにタマゴ臭のするヌルヌル湯。なんとも心地よい絶品湯なのです。まさか葉山の山の中で、こんな絶品湯に出会えるとは。半信半疑の方もいらっしゃるかもしれませんが、百聞より一浴、ぜひ一度浸かりに行ってみてください。

浴後は敷地内を少し散歩したのですが、なんというか、ちょっと怪しい雰囲気ですね。入浴券10枚集めると1回無料になります。
(まぐぞー・2005年2月)

▼湯小屋/お湯は薪で沸かします

▼浴室/浴槽

▼湯口/ぬるぬるした湯です

▼浴室に飾られた絵

▼イリカ鉱水

この施設は2016年3月29日をもって閉館しました
神奈川県三浦郡葉山町
時間・料金失念
訪問:2005年2月

泉質不明
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« さくらんぼ東根温泉 不二乃湯... | トップ | 上諏訪温泉 衣温泉(閉館) »