はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

鉄輪温泉 入舟荘

2017年08月06日 | 大分県

鉄輪にある温泉旅館の一つの「入舟荘」。共同浴場・熱の湯の裏手部分に位置している。なんと自分、入舟荘は初めての訪問となる。今まで数度と立ち寄りを試みるも宿泊客到着したのでとか、湯抜きしてしまった、とやらで浸かれず続きでした。念のため電話連絡してから出かけてみました。

電話していたので受付もスムーズ。ちょうどチェックアウト後の時間帯だったので、宿の方々はお掃除タイムに突入しており忙しそう。なんとか受付して当日は女湯を「貸切でどうぞ」との女将さん。入舟荘は高段者優遇無料券の協賛施設としても御協力くださる旅館で大変ありがたいお宿です。

さて浴室へ行きましょう。小さな浴室空間に2人サイズの小さな台形のような?変形四角形というかの浴槽が一つあります。お湯は無色で微濁りを生じ少しこなれた印象を受けます。まあ、週末の泊り客が帰った翌日の11時頃の訪問で、しかも湯抜き前だったのでしょう。家庭的な旅館で雰囲気もよかったので再訪してみたいですね。
(三昧・2016年3月)



約12年ぶりに再訪しました。以前と特に変わった印象はなく、十年以上経った今回も館内は清潔感があり、女将さんも相変わらず気さくでした。ひとつ変わったことと言えば前回訪問時は小学生くらいの男の子が「誰か来たー」と迎えてくれたのですが、今回玄関近くにいたのは立派な青年でした。「もしかして、あの時の男の子かなぁ?」と思いつつ案内された浴室へ向かいます。

入舟荘には「くつろぎの湯」と「蓬莱の湯」の家族湯どちらかを貸し切り利用するシステムですが、今回も「くつろぎの湯」でした。こぢんまりとした浴室に1人サイズの浴槽がひとつ。鉄輪らしい薬臭のする湯は、ごく僅かに茶色がかっても見える弱い貝汁濁りで静かに掛け流されています。湯温をぬるめ寄り適温にするためか源泉投入量は絞られ、やや「ゆなまり」が生じていますが、お宿ホームページを拝見するとベビー大歓迎のお宿とあり、赤ちゃんでも安心して入れる湯温にあえて調整しているのかと思います。次回訪問時はぜひ「蓬莱の湯」にも入ってみたいとこです。
(まぐぞー・2016年3月)



熱の湯共同浴場近くの路地裏にひっそりと佇むこぢんまりとしたお宿「入舟荘」です。派手さはないですが、シンプルで清潔にまとまった安心感のあるお宿です。館内に大浴場はなく、二つある家族湯をそれぞれ貸し切り利用する形となります。

訪問時は「温泉まつり」無料入浴の日。普段は高くて手の出ない入舟荘の立ち寄り入浴ですが、この時とばかり受付時間開始直後に訪問してみました。一番乗りかと思いきや既に先客がおり、ふたつある貸しきり風呂のうち「蓬莱の湯」は使用中。もう一方の「くつろぎの湯」が空いていたので、そちらを使用させていただく事に。

さて「くつろぎの湯」ですが、浴槽にひとり、洗い場にひとり、計2人も入ったら一杯になってしまうサイズです。掛け流される湯はごくごくわずかに白濁りのある無色透明、浴槽内で適温にするためか湯量が少量に絞られているので、やや鮮度感には欠ける印象です。温泉道のスタンプは女将さんが作られている「鉄輪豚まん」にちなんでの、かわいい豚さんでした。
(まぐぞー・2004年3月)

▼くつろぎの湯

大分県別府市鉄輪井田1-760
0977660655
11時~15時(※要事前問合せ)
1500円
訪問:2004年4月・2016年3月

温泉分析書&温泉利用状況は見当たらず
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« いわき湯本 東湯(閉館) | トップ | 中川温泉 福祉センターゆうゆ... »