はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

浅間温泉 香蘭荘

2017年04月13日 | 長野県
立ち寄り可能時間帯だったが定かではないが声をかけてみる。泊り客の浴室利用を確認されたのだろう、空いていたらしく「どうぞ」と女将さん。香蘭荘は昭和感の残るアットホームな小さな温泉宿の印象を受けた。ペットを連れた宿泊客がいたので後で知ったが、どうやらペットと泊まれる宿でもあるらしい。

玄関を入りすぐ左手に浴室がある。男女別内湯が一つずつある造りの浴室。浴室扉を開け浴槽からお湯が惜しげもなく溢れ出している光景を目にすると思わずニンマリしてしまった。この浴室、通気が良くとても快適な空間となっている。昔ながらのタイル造り、少し色あせているタイルもあっていい味を出している。2-3人サイズと小さめなのがいい。御影石湯口より約10L/minの湯が注がれている。無色透明、僅かに温泉臭のする湯が見事に掛け流されている。湯温は体感43℃、浴槽底に穴があってそこからパスカル方式による排湯がある。湯の通り道には薄っすら茶系の色付きがある。浴槽サイズにして十分な投入量が確保されている為、湯の鮮度も相当に良いものがある。浅間温泉の湯のパワーを改めて再認識させてくれた宿でもあった。
(三昧・2017年3月)



浅間温泉街にある中規模のお宿です。やや年季の入った昭和風情の宿で、玄関まわりだけ見ると一般家庭にお邪魔したようなアットホームさがあります。立ち寄りを伺うと、ちょうど金魚に餌をあげていた気さくな女将さんが迎え入れてくれました。

館内には男女別に内湯がひとつづつ。女性浴室は脱衣所からしてとてもこぢんまりしていて、ひとりで入るのに丁度いい印象でした。浴室には1人(つめて2人)サイズの四角いタイル浴槽がひとつあり、無色透明の湯が滔々と掛け流されています。みるからに鮮度の良さがわかる湯で、浴槽サイズといい温泉マニアにはたまらない光景でしょう。肝心の湯は心地よい適温で、湯中には少しばかりの茶色い湯花もチラホラ。湯面からは優しい温泉臭が漂い、あまり浸かる人がいなかったのか湯の状態もとても良く、時間の許す限り体を沈めていたい癒しの湯でした。
(まぐぞー・2017年3月)

▼外観/男性脱衣所

▼男性浴室/別の角度から

▼湯口/溢れ出し

▼女性浴室

▼浴槽/湯口

長野県松本市浅間温泉3-4-15
0263461014
立ち寄り時間要問合せ
500円
訪問:2017年3月

温泉分析書の掲示確認できず ※温泉利用状況=全ての項目で該当なし
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 湯沢温泉 荒川いこいの家 | トップ | 桂の関温泉 ゆ~む »