はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

下諏訪温泉 ホテル山王閣(閉館)

2017年07月09日 | 閉館・休業など【中部】
この施設は2017年3月31日をもって閉館しました


諏訪大社秋宮境内に位置する五階建てホテルです。印象としては一昔前のホテルといった感じで、公共宿泊施設・国民宿舎なのでリーズナブルに宿泊利用できるようです。立ち寄り営業もしており、「物味湯産手形」を片手に訪問した。当日は団体グループで賑わっていたが、せっかくの訪問機会なので入浴受付する。

大人数対応できる20人オーバーサイズのタイル浴槽が内湯です。湯気がモウモウ状態の浴室内、ガラス窓からは諏訪湖が眺められて景色はなかなかです。湯は無色透明、浴槽湯で弱カルキ臭。滝のような石湯口にて弱タマゴ臭を感じた。湯上り後はポカポカとしっかり温まる泉質でもある。他に露天風呂があるが、冬期で寒いのとお客さんで賑わっていたので今回はパス。再度、内湯からの諏訪湖の景色を眺めてからお宿を後にした。
(三昧・2012年1月)



諏訪大社下社秋宮境内という好立地に建つ国民宿舎です。やや年季の入った昭和の観光ホテルといった佇まいで、団体さん御用達といった雰囲気があります。目の前には広い駐車場がありますが、訪問時は車がビッシリと駐車され、案の定というか、館内は団体・個人客入り乱れて大賑わいでした。

フロントで受付を済ませ浴室へ向かいます。混んでいたためか、やや手狭の印象を受ける脱衣所を抜けると内湯浴室です。前面に大きくガラス窓が取られ、諏訪湖と街並が見渡せる浴室には、真ん中に太い支柱のある15人サイズの浴槽が一つあり、湯口より熱めの無色透明湯が流し込まれています。浴槽内でやや熱め、こなれ気味でまったり感のある湯が掛け流しです。多くの人が浸かっているわりには目立った湯汚れもありません。浴槽湯からは塩素臭が漂いましたが、湯口ではせず心地よいタマゴ臭がしました。内湯の他に露天風呂もありましたが、「冬期は使用不可」のような掲示がされていたので使用しませんでした。
(まぐぞー・2012年1月)

▼外観/男性浴室(湯気が凄いです・・)

▼湯口/浴室からの眺め

この施設は2017年3月31日をもって閉館しました
長野県下諏訪町上久保5773
5時~9時30分・10時30分~23時
500円
訪問:2012年1月

武居源泉 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 50.5℃ (H19.2.20)※温泉利用状況=気温の高い期間のみ加水する事がある、塩素系薬剤使用あり
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 草津温泉 旅館するがや | トップ | 保科温泉 若穂いこいの家(旧... »