はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

上野鉱泉 奥の湯(閉館)

2016年02月28日 | 閉館・休業など【中部】
この施設は2014年閉館しました


「湯治の宿」「湯元」という案内を目にしてしまい立ち寄らずにはいられなくなってしまいました。湯治の宿というとどうしても鄙びを想像してしまいますが、「奥の湯」は小奇麗な湯治宿です。受付をし廊下を進んだ一番奥にあるのが浴室です。浴室へ向う途中には炊事場があり、コイン式のガスコンロなどがあるのがいかにも湯治場。

浴室は桧の香りが漂っておりいい香り。仕切りで仕切られた男女別内湯が一つずつあり小さい丸タイル張りの4-5人の広さです。湯は無色透明、無味無臭。浴槽内にはジャグジーの装置がありますが未作動で静か。吸い込み口があり循環で鉱泉を利用です。また男女の隔てには冷たい源泉が竹筒より8L/minほど出ており飲泉可能です。枡が置いてあるので是非飲んでみたくなります。タマゴ味のする冷たい鉱泉でとても美味しくグイグイ飲ってしまいます。浴槽湯は特に特徴はないですが源泉は鉱泉ながらなかなか良いので気に入りました。
(三昧・2004年3月)



清津峡の帰りに立ち寄った上野鉱泉奥の湯です。「湯元」という言葉につられ入ってみました。湯治宿との事ですが、館内は最近リニュアルされたのか随分と綺麗です。炊事場に東北の湯治場お馴染みのコイン式ガス台が並んでいたので「ああ、自炊もできるんだな」と思いました。

男女別の浴室も、どうやら仕切り板を最近張り替えたらしく綺麗でピカピカ。新しい木の香りが浴室いっぱいに漂っています。浴室は洗い場、浴槽ともにスッキリとしたタイル造り。訪問時は作動していませんでしたが、ブクブク機能の付いた浴槽のようです。湯は無色透明、スベスベとした加熱湯です。男女の仕切り部分に非加熱の源泉があり、枡が置かれ飲泉できるようになっていました。ひと口飲んでみると、タマゴ味がします。浴槽内の湯もこれ程のタマゴ味があれば、さぞや気持ち良いと思いました。
(まぐぞー・2004年3月)

▼外観

▼フロントまわり/休憩スペース

▼コイン式ガス台/男性浴室

▼湯口(上の竹筒は未使用)/まだ新しい印象の浴室です

▼非加熱源泉はタマゴ味


この施設は2014年閉館しました
新潟県南魚沼郡塩沢町大字上野750
立寄り時間時間要問合せ
500円
訪問:2004年3月

泉質不明
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 月岡温泉 熊堂屋(廃業) | トップ | 新樽ヶ橋温泉 胎内グランドホ... »