はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

穂高温泉 富士尾山荘

2017年03月28日 | 長野県
安曇野市の穂高温泉に佇む民宿・富士尾山荘です。この近辺は別荘地にでもなっているのでしょうか?個人が移り住んで来てから始めたような洒落た喫茶やカフェなどが多く点在します。富士尾山荘は立ち寄り可能な温泉民宿と、食堂として九割蕎麦がウリの食事が味わえる店舗も営業しています。入浴受付はレジカウンターにて行い料金を支払います。訪れたのは10時半過ぎだったので、11時開店のお店の準備で大忙しの様子でした。ご主人がガラス越しの専用部屋にて蕎麦打ちしているのを目にしました。

その後は廊下を進んでいき岩風呂と掲げられた浴室へ向かいます。8人サイズの浴槽は丸い青タイル張りで造られています。浴槽中央には岩組がされており、そこの一部分から塩ビ管が突き出ていてこれが湯口となっています。湯温計測はしていませんが、手でずっと触っていられない感覚の温度でした。投入湯量はさほど多くなくおよそ5L/min程度でしょう。そう混雑しない限りお湯を楽しめるかと思います。無色透明、弱温泉臭、ツルツルとした浴感があり。洗い場カラン・シャワーも温泉利用かと推測できます。浴槽前面側一部の切り込みより投入湯量程度のオーバーフローあり。掛け流しの湯使いと思います。
(三昧・2016年7月)



周囲は別荘地のような場所で、蕎麦屋が何軒も点在しています。その多くは新し目の観光客が好みそうな店舗ですが、こちらは古くからの地元に根付いた印象を受ける蕎麦店でした。その蕎麦店奥に併設された民宿の風呂を立ち寄りでも利用できます。浴室はやや年季の入った地域の共同湯といった雰囲気もあり、華やかなセンター系が苦手な身としては少しホッとできる所でした。

浴場は男女別に内湯があります。女性浴室には10人弱程の四角い浴槽がひとつあり、中央の湯口より熱めの湯が滔々と流し込まれています。また、浴槽内にも投入口あり。無色透明の湯は浴槽内でやや熱め、心地よい温泉臭がほのかに香り、弱いスベスベ感があります。中房からの引き湯との事ですが、利用者が少ないのか湯の状態は良く、掛け流しと思われる湯使いで気持ちよく湯浴みを楽しむ事ができました。シャワーの出も良いので周辺の山歩きの後の汗流しでもおススメ。浴後は店で蕎麦をいただきました。美味しかったです。
(まぐぞー・2016年7月)

▼外観/掲示

▼掲示/男性浴室

▼湯口/湯口アップ

▼浴槽内注入湯口/溢れ出し

▼女性浴室/浴槽

▼7月は蕎麦、10月はかつ丼にしました。どちらも美味しかったです。

長野県安曇野市穂高有明2184-104
0263832058
9時(平日15時)~22時(受付20時30分)
蕎麦11時~
500円
訪問:2016年7月・10月

有明厚生温泉源泉と国民宿舎有明荘源泉の混合泉(長嶺貯湯槽における分析)アルカリ性単純温泉 69.3℃ pH=8.6 溶存物質計=469.6mg Li=0.6mg Na=81.8(86.36mv%) K=9.3 Mg=0.1 Ca=4.4 F=7.6 Cl=53.1(34.86) NO3=1.1 SO4=37.2 HPO4=0.1 HCO3=73.7(28.12) CO3=12.1 H2SiO3=183.1 HBO2=5.1 HAsO2=0.1 (H24.8.22) ※温泉利用状況=掲示見当たらず
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 白馬八方温泉 白馬樅の木ホテル | トップ | 岩瀬湯本温泉 源泉亭湯口屋(... »