はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

乗鞍高原温泉 あったか温泉宿 美鈴荘

2017年12月21日 | 長野県

乗鞍高原温泉スキー場方面へ県道を進んでいく。道路の左右にペンションや民宿がボチボチ点在するようになった頃の左手側にあるお宿。公式サイトによると朝から立ち寄りokなので8時過ぎに訪問する。受付時、「女性浴室は露天風呂を工事中なので利用できないけど。。。」との事。

帳場から廊下を奥へ奥へと進んだ突き当たりに浴室がある。木造の雰囲気良い空間に内湯が一つ、ガラス向うには露天風呂が見える。内湯は縦長に木造り浴槽の3-4人サイズです。冬期間は浴槽表面に保温用のマットが置かれていて入浴時にそれを取り出して湯に浸かる旨の説明書きがありました。

薄白濁、弱くすっぱそうな明礬臭に弱硫化水素臭がする。木造湯口より約20L/min弱の浴槽投入あり。湯温は湯口46.5℃、浴槽にて44.5℃の熱めコンディション。浴槽底には湯華が沈殿しているようで、湯に浸かると湯華が舞い上がってきて黄白く濁ったように見える。

露天風呂も縦長の木造りで、3人サイズ浴槽二つが仲良く横並びで配置してある。こちら露天風呂も保温マットがしてあり、一部分のみ取り出して湯浴みした。露天風呂は青みがかった薄濁り湯で、湯浴みしても内湯みたいに黄白く濁らない。うまく清掃直後にあたったのかもしれない。浴槽にて44.1℃、心地の良い入浴でした。
(三昧・2017年12月)



乗鞍温泉に点在するお宿のひとつ「美鈴荘」です。立ち寄りを伺うと「女湯は露天風呂が工事中で内湯のみになりますが、それでもよければ・・」との事。露天風呂にはこだわっていないので全然OKです。館内は気取りのない昔ながらのアットホームな雰囲気で、どこか湯治宿的な感じもします。

脱衣所を抜けると内湯です。洗い場、壁、浴槽などそのほとんどに木材がふんだんに使用された浴室には、3人サイズの長方形浴槽がひとつあり、木造湯口よりやや熱めの湯が投入され掛け流されています。浴槽で適温の薄白濁となった湯はツルスベとした肌触りがあり、湯面からは明礬臭がプンプン、口に含むとあまりキツくない酸味がします。浴槽内には乗鞍温泉お得意の熱交換用の管が通っていましたが訪問時はまだ未使用でした。内湯の外には露天風呂もありましたが、最初に言われた通り工事中で、周囲をシートで覆われていました。
(まぐぞー・2017年12月)

▼外観/館内

▼男性浴室

▼内湯浴槽/内湯湯口

▼男性露天風呂/露天風呂湯口

▼女性脱衣所/掲示

▼女性浴室

▼女性浴槽

▼湯口/溢れ出し

長野県松本市安曇4085‐49
0263932330
7時~22時
500円
訪問:2017年12月

湯川温泉 単純硫黄温泉(硫化水素型) 46.4℃ pH=3.2 溶存物質計=805mg H=0.6mg Na=65.4(30.31mv%) K=20.0 NH4=0.3 Mg=19.8 Ca=62.7(33.40) Al=4.5 Mn=3.0 Fe2=0.5 F=0.7 Cl=76.7(22.38) HSO4=7.5 SO4=353.8(76.37) H2SiO3=183.0 BO2=6.3 CO2=365.6 H2S=77.9 (H17.4.22) ※温泉利用状況=加温あり
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 乗鞍高原温泉 湯けむり館 | トップ | 乗鞍高原温泉 温泉旅館 岳の屋 »