はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

別府温泉 別府パストラル

2017年07月25日 | 大分県
東荘園町にあるシティーホテル?のような「別府パストラル」です。昭和に建てられたと思われ、段々と風格のある外観になってきていると思います。入浴受付は一階で浴場は地階にあります。パストラルさんは有難くも高段者優遇券の協賛施設なのでした。

受付後、すぐに浴場へ移動します。男女別の内湯がそれぞれに、また露天風呂も同じくそれぞれにあります。広い脱衣所に広い浴室空間の内湯。向う正面はガラス張り、浴室床と浴槽が同じ石張りの造りになっています。浴槽は仕切りで二つに仕切られ右手は非温泉のジャグジー風呂、左手が温泉を利用しています。15人サイズの石風呂でこのホテルに見合った雰囲気と造りかと思います。体感43℃で無色透明のお湯は少しつるスベとした浴感の重曹泉。鮮度も上々で申し分ないコンディションでした。浴槽端っこにある切り込みより常時オーバーフローする掛け流し、温泉利用状況では加水ありの掲示がありました。

露天風呂へも浸かってみました。目隠しと塀などで周囲から遮断されています。8人サイズの岩風呂で屋根もなく開放感があります。無色透明の湯、体感41.5℃と浸かりやすく火照ったら外気で身体を冷ますことも良いかと思います。大型ホテルですが独自源泉を加水ながら掛け流す湯使いで別府らしいですね。
(三昧・2016年3月)



11年ぶりに再訪しました。さすがに10年以上も経つと建物自体に年季が入ってきていますが、浴室は以前のまま綺麗に保たれています。内湯は激熱源泉と水を同時投入し、浴槽内で適温の掛け流しとなっています。湯は無色透明の弱いスベスベ感があるもので、加水ながらじゅうぶんな溢れ出しがあり湯面より優しい温泉臭が香ります。すぐ隣の小浴槽は今回はジャグジー稼働はしていませんでしたが、相変わらず真湯がはられていました。露天風呂は既に大勢の人が入った後のようで湯は、ややなまり気味となっていました。
(まぐぞー・2016年3月)



結婚式なども行える比較的大きめホテルです。こういったホテルにも温泉浴場があり、そして一般開放しているところはさすが別府だなぁと思いました。今回は別府温泉道七段の無料券にて訪問しました。広々ロビーを抜け階段と廊下を経て辿り着いた浴室は、まさにホテルの「大浴場」といった造り。ウエディングホテルという雰囲気から立ち寄りがたい印象も受けたのですが、ご近所さんらしき方々もファミリーで気兼ねなく訪問していました。

広々とした脱衣所を抜けると、これまた広々とした内湯浴室があります。内湯浴室には大きくとられたガラス窓に沿って、15人サイズの長方形浴槽がひとつあり、流し込まれる湯は投入口でやや熱め、浴槽内で適温、スベスベ感に加えややトロミのあるもので、ほんのり温泉由来の薬臭も。訪問時は生憎の雨で昼間にもかかわらず浴室内が暗かった為、ハッキリと湯の色が確認できなかったのですが、多分無色透明でしょうか。温泉浴槽にくっつくようにして5人程入られる真湯のジャグジー浴槽もありました。内湯の外には10人弱サイズの石造り露天風呂もあり、ちょっとした庭園風となっています。

浴室には使い勝手のよいシャワーが並び、シャンプー、ボディソープ、石鹸、ドライヤーなど備品も充実。清掃も行き届き、気持ちよく利用できました。
(まぐぞー・2005年3月)

▼外観/女性露天風呂

2016年3月訪問時、浴室は撮影禁止となっていました。当記事の露天風呂は2005年3月のものです。

大分県別府市東荘園町1-4
0977234201
15~17
800円
訪問:2005年3月・2016年3月

別府パストラル(浴槽にて分析) ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉 50.5℃ pH=8.2 溶存物質計=1206mg Na=133.0mg(38.61mv%) K=36.1 Mg=48.5(26.63) Ca=85.5(28.47) Mn=0.5 Cl=66.2 SO4=107.4 HCO3=568.1(64.59) CO3=30.0 H2SiO3=128.3 HBO2=2.2 CO2=17.6 As=0.1 (H17.5.20) ※温泉利用状況=気温の高い期間のみ加水
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 金山沢温泉 | トップ | さくらんぼ東根温泉 温泉浴場... »