はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

池の平温泉 ホテルアルペンブリック

2017年04月09日 | 新潟県
池の平スキー場の目の前にある温泉ホテル。今回はグリーンシーズンだったが、スキーシーズンではさぞかし賑わう事だろう。フロントにて入浴受付をする。フロントは二階、内湯大浴場は一階にあり三階には露天風呂がある。内湯と露天間の行き来には、一度着替えをする必要がある。

最初は露天風呂がある三階へ。渡り廊下を奥へ奥へ進んでいくのは、おそらく露天風呂浴舎が後付けされたものだからでしょう。露天風呂は屋根掛けされた岩風呂風な造りで10人ちょいの広さはあります。天気さえ恵まれれば景色も良さそうですが、当日は雨降りのうえにガスがかかり視界不良でした。。それはそうとココの特筆すべきはお湯の色です。いやぁ、しばらく振りにみました、この色の湯。見た目は黒色です。投入湯量は約15L/min、浴槽温度は体感42℃弱、タマゴ噴気臭がして良い感じです。あまり目にしない色の湯に興奮して、しばらく浸かってしまう。

次は内湯へ移動。浴室空間にはタマゴ噴気臭が漂う。風呂は10人サイズのタイル張り浴槽が一つあります。お湯は無色透明、弱すべすべキシキシする浴感があり。湯が透明なのは、フロントの方によると源泉を濾過して利用しているそうだ。湯口より投入されている湯量にくらべ、溢れ出し量が少ないので循環しているかも。実は露天で満足してしまって詳細なチェックはおろそかになってしまったもので。とにかくマニアなあなたには露天風呂が一押しです。
(三昧・2016年9月)



スキー場のまん前に位置する大型リゾートホテルです。訪問時はグリーンシーズンでもウインターシーズンでもなく、紅葉の見頃にもズレた秋雨の日に訪問したためか、広々とした館内はシーンと静まりかえっていました。リゾートホテルらしく、しっかりとした応対のフロントにて料金を支払い、館内にある浴場の説明を受けます。館内には離れた場所に露天風呂と内湯があり、どちらも入浴してよいという事です。

まずはホテルの名物的存在の露天風呂へと向かいました。長ーーい廊下を経て、やや薄暗い脱衣所を抜けると露天風呂です。露天風呂といっても壁や屋根はしっかりとあり、広い浴室の前面のみ壁が無いといった造りです。露天風呂には10人サイズ浴槽がひとつあるのですが、満たされる湯を見て「おっ!」と驚きの声をあげてしまいました。その日の天候による暗さもあったかもしれませんが、湯が真っ黒なのです。これまで幾つかの「黒い湯」を見てきましたが、ここまでの黒は初めてかもしれません。噴気タマゴ臭香る湯は、細かい粒状の黒湯花がビッシリ浮遊し、じっと浸かっていると体のあちこちに砂鉄を集めたかのように黒い粒子が付着しなんとも楽しいです。湯口からどんどん投入される源泉からして既に黒く色づき、試しに桶に汲んでタオルをつけたら灰色に染色されてしまいました。湯使いは贅沢な掛け流しと思われ、浸かりやすい適温、塩素の掲示はありましたが、そのテの臭いは一切ありませんでした。湯色も含め、温泉マニアには外せない一湯と思いました。

続いて、内湯へと移動しました。内湯はムシムシと湿度のこもった浴室に10人サイズ浴槽がひとつあります。ごく僅かな白濁りを帯びた透明湯は、少量の源泉を投入しつつの循環ベースです。循環ながらつるつるとした浴感があり、浴室ではタマゴ臭もかすかに香り、それほど悪い印象はありません。まぁ露天風呂の湯があまりに楽しすぎて、ちょっと浸かっただけの退室となり、湯の印象が霞んでしまったのも事実ですが。
(まぐぞー・2016年9月)

▼スキー場が目の前/外観

▼館内の気になる看板/露天風呂掲示

▼アブに注意/男性露天風呂

▼浸かった様子/湯口

▼お湯が黒いです/溢れ出し

▼女性露天風呂/こちらも黒です

▼浴槽から/湯口

▼男性内湯

▼女性内湯

ネット上に撮影禁止の情報がありましたが、訪問時は禁止の掲示が露天・内湯共に見当たらず。施設側にも写真掲載については連絡済みです。

妙高市池の平2452
0255863180
12時~21時(要事前確認)
料金失念につき要問合せ
訪問:2016年9月

(内湯)南地獄谷 単純硫黄温泉 70.5℃ pH=? 溶存物質計= 682.4㎎ Na=30.4mg K=7.2 NH4=22.0 Mg=24.4(25.77mv%) Ca=55.0(35.23) Sr=0.3 Al=0.3 Mn=1.0 Fe2=6.3 Cl=3.1 SO4=143.4(37.07) HPO4=0.3 HCO3=303.6(61.77) S2O3=10.5 H2SiO3=74.4 HBO2=10.6 CO2=103.5 H2S=11.7 (H26.9.18) ※温泉利用状況=加温あり、加温のための循環ろ過あり、塩素消毒あり

(露天風呂)南地獄谷(ろ過後)単純温泉(ろ過後)70.5℃ (ろ過後)64.2℃ pH=? 溶存物質計=685.3mg Na=29.7mg K=7.3 NH4=26.0 Mg2=24.6(24.44mv%) Ca=65.3(39.34) Sr=0.2 Ba=0.1 Mn=0.9 Fe2=0.8 SO4=229.4(57.44) HCO3=215.1(42.40) S2O3=1.0 CO3=0.4 H2SiO3=76.0 HBO2=9.3 CO2=9.1 (H26.9.18) ※温泉利用状況=加温あり、塩素消毒あり
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 湯田川温泉 甚内旅館(宿泊) | トップ | あつみ温泉 東屋旅館(宿泊) »