はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

戸倉上山田温泉 万葉超音波温泉

2017年02月16日 | 長野県
H26年10月にリニュアルオープンした万葉超音波温泉。リニュアル後の今回は初となる訪問です。主にリニュアルしたのは露天風呂と子供風呂の新設、いままでの洗い場が一部シャワー付きカランへ変更、100円リターン式ロッカー導入、駐車場の増設、料金がいつのまにかリニュアル後かはどうかは不明ですが50円アップの350円に変更。

早速、新設露天風呂へGo。内湯から扉を開けると移動できます。目隠し塀に囲われているのは当然仕方がありません。7-8人サイズの御影石の湯船縁、浴槽内は丸タイルが敷かれている造り。御影石湯口より湯投入があります。浴槽内はおよそ42.5℃ほどに調整されていて万人に浸かり易い温度かと思われます。無色透明の弱タマゴ臭がする湯が投入湯量のすべてを湯船端よりオーバーフローさせる掛け流し。火照ったら椅子もあるので身体冷ましができるのが嬉しいですね。

内湯に新設の子供風呂は子供優先は当然のこと、ですが浸かっていなければ大人も可能のようでサッと浸かってみました。浅目で大人2-3人サイズ、湯温は39℃の温め設定です。そのせいか白や黒の湯華が目立って沈殿していました。

お湯の良さ、営業時間の幅広さ、利用料金制度、浴場の運営スタイル、どれを見ても温泉公衆浴場の優良施設と言っても良いと思います。
(三昧・2016年11月)



千曲川沿いに建つ独自源泉を所有する公衆浴場です。以前に一度訪問しており今回は再訪。新たに駐車場の片隅には足湯が新設されていました。早朝というのにというべきか、早朝だからというべきなのか、男湯は朝から15人ほどの利用客で賑わいます。

番台にて利用券を手渡し、脱衣所へ。ここで既にタマゴ臭が脱衣所空間を占領しています。浴室はと言うと熱気がかなりこもり、ちょっとしたサウナ状態です。3つある浴槽は順に温度差を設けてあり、好みに応じて湯浴みできます。メイン?の超音波浴槽は8人サイズの43℃。ジャグジー作動があり、このブクブクがどうやら超音波を発生するようです。

無色透明、ほんのりタマゴ臭の湯が掛け流されています。つるすべの浴感が心地良いです。熱め浴槽は46℃、4-5人サイズのタイル張り。湯口は浅間の噴火石のような岩が積み重なるもので、その頂上部分より湯が伝わり下りていく仕組みになっています。湯汚れとは無縁のお湯で鮮度良好のコンディションが味わえます。
(三昧・2009年6月)



少し前の訪問時、ちょうど改装工事中でお休みだった超音波温泉です。今回は諏訪の帰りに立ち寄ってみました。まだ夜明け前の早朝でしたが、なかなかの賑わいです。どうやら夜勤明けなど仕事終わりに立ち寄る人が多そうです。

脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、浴室に入った途端ホワンとしたタマゴ臭に包まれるのは以前のまま、そしてメイン浴槽の基本的な造りも以前と同じ印象ですが、洗い場にシャワーがズラリと設置された事と、脱衣所寄りに浅くぬるめの2~3人サイズ子供風呂(掛け流し)が新設されていました。

続いて露天風呂ですが、こちらは完全な新設です。どことなく和風な雰囲気の空間に7~8人サイズの長方形浴槽がひとつあり、タマゴ臭香る無色透明で適温の湯が溢れています。朝早い時間の訪問だったためか湯の状態がとても良く、気分よく楽しむ事ができました。
(まぐぞー・2016年11月)



大型観光旅館やネオン街が軒を連ねる歓楽ムード満点の戸倉上山田温泉にある公衆浴場です。橋のたもとに位置し、敷地内には食堂、足湯、そしてなぜか孔雀の飼育小屋まであります。朝4時オープンという事で一番湯狙いで3時40分頃に訪問したのですが、すでに入浴は始まっていました。うーん、実際は一体何時オープンなんだろ?

番台形式のどこか懐かしい脱衣所を抜け、浴室に一歩足を踏み入れると、毛染め液のようなツーンとした硫化水素臭が鼻に来ます。この臭い、温泉マニアにはたまらないかも。

広々とした浴室には三つの浴槽があり、端から順に、岩のオブジェより激熱源泉が流れ込む3~4人サイズ浴槽(激熱)、その激熱湯が浴槽底から流れ込みの10人弱サイズ浴槽(適温、一部ジャグジー稼動)、さらにその湯が流れ込む4~5人浴槽(ぬるめ)となっています。ちょいスベ感のある無色透明湯は、口に含むとタマゴ風味と弱いエグミあり。激熱源泉が流れ込む槽はあまりに熱くて浸かれなかったのですが、適温浴槽でもなかなかの溢れ出しと充分な鮮度感があり、朝の目覚めの一浴にもってこいです。ちなみにカランも温泉使用。

約6年振りの再訪で、浴室は少々古くなってきている印象はありますが、お湯は相変わらず良いものでした。
(まぐぞー・2009年6月)


2016年11月

▼外観/玄関/アヒルがお出迎え/館内/売店/キッズコーナー

▼男性脱衣所/新設された男性露天風呂/湯口/溢れだし

▼新設された女性露天風呂


2009年6月

▼外観/女性浴室/足湯/孔雀がいました

長野県千曲市磯部新戸倉1125
026-275-2228
4時~23時(受付22時30分)
第4月曜休み(祝日は翌日)
300円→350円
訪問:2002年5月・2002年10月・2009年6月・2013年8月・2016年11月

万葉超音波温泉 単純硫黄泉 47.2℃ pH=8.6 溶存物質計=512.9mg Na=136.0mg(86.79mv%) K=3.0 Mg=0.1 Ca=16.3 F=1.2 Cl=138.6(54.91) I=0.1 HS=7.8 SO4=70.0(20.51) HCO3=61.6 CO3=13.2 H2SiO3=60.2 HBO2=4.9 H2S=0.2 (H13.10.2)
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 「はしご湯のすすめ」は引っ... | トップ | 「はしご湯のすすめ」は引っ... »