はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

山中湖温泉 紅富士の湯

2017年04月17日 | 東京都・千葉県・山梨県


富士山から至近な箇所に佇む規模の大きな日帰り温泉施設です。公共施設のようで地域住民にはお得な料金で利用できる制度もあります。一般客にはHPなどにて割引券を取得できるので前もって行く予定のある方はプリントアウトして持参いたしましょう。訪問したのは土曜午後、駐車場は車で8割ほどは埋まっていました。券売機で利用券を購入して受付にて手渡すシステム。

男女浴室は二階、浴室へのスマホ・携帯・デジカメなどは持ち込み厳禁と掲示がある。最近はよく目にする男性脱衣所の防犯カメラ設置、ココの施設だけではないがここんとこ多いなぁ。

浴室に入ると広く大きく採られたガラス窓向うには富士山が望める。施設によると内湯と露天の全浴槽から富士山が眺めることができるのがウリとの事だ。白色を基調とした室内はとても清潔感を感じる。洗い場も広く大人数にも対応できるのでしょう。浴槽も全身浴・ジェットバス・気泡浴・源泉ぬるゆ・寝湯・かぶり湯など各種揃えています。肝心なお湯は無色透明、少しツルツルとした浴感だけが唯一温泉らしいとでもいう程度。カルキ臭がしっかりと漂うのは仕方がありません。当日もそうでしたが週末はかなり賑わっているようです。衛生管理は重要でこれらの湯使いは当然でしょう。

内湯から露天風呂へは階段を下った場所にあり、右手に檜風呂、左手に石風呂があります。それぞれ温度差を設けてあり、体感で39℃と42.5℃ほどでした。好みに応じて浸かり分けされているみたいです。湯は多少のツルツル感に温泉らしを感じましたが、他には特にどうのは無い印象。無色透明、内湯と同じく露天風呂もやはりカルキ臭あり。二つの露天浴槽からは和風庭園チックなスペースが見え、その向うには富士山の姿があります。当日は山頂付近へ雲が流れ込んできたようで、肝心のてっぺんは隠れていましたが、天気が良ければその姿を望めるでしょう。お湯どうこうと言うより、設備の充実さ快適さ・風呂の大きさに力を入れている施設かと思います。
(三昧・2016年7月)



富士山登山後の汗流しに立ち寄った日帰り温泉施設です。その規模は大きめで、最初は「公共の宿泊施設?」と思ってしまうほどでした。館内はゆったり広々、数名のしっかりとしたスタッフが対応する受付、休憩スペースや食堂も揃っていて、やっぱりどこからどうみても公共の宿泊施設にしかみえません。

浴場には男女別に内湯と露天風呂がありました。脱衣所を抜けると先ずは内湯、その先の階段を下った先に露天風呂があります。訪問時はそれなりに混雑していましたが、浴場空間に広さがあり各浴槽も大きいので、窮屈さは感じませんでした。肝心の温泉は内湯・露天風呂共に無色透明でややツルツル感のある湯を塩素臭漂う循環利用です。湯使い的にはアレですが、これだけの規模と入館者があるので妥当かなと思いました。浴槽からは、この施設のウリでもある富士山が(半分雲に隠れていましたが)目の前にドーンと姿を見せていました。
(まぐぞー・2016年7月)

※浴室撮影禁止のため画像はありません。

山梨県南都留郡山中湖村山中865-776
0555202700
10時(12月~2月土日祝6時)~21時(受付20時30分)
火曜休み(7月~9月・祝日・年末年始・GWは営業)
800円
訪問:2016年7月

※分析チェック忘れ
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 八ヶ岳温泉 もみの湯 | トップ | 丹波山温泉 のめこい湯 »