はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

伊豆長岡温泉 あやめ湯

2017年12月28日 | 静岡県

久しく訪問する。記憶が無かったが、浴場前まで来てみると、わずかながら思いだすもんだ。利用は券売機で購入して、そして番台に手渡すシステム。番台のオジサン、とても親切で駐車場を探してウロウロしていると、ご丁寧にわざわざ駐車場まで出向いて案内していただいた。

浴槽は大人がゆったり浸かって3人サイズと小さ目なものだ。天井が高く通気良好で、快適な空間となっている。シャワーも温泉を利用。浴槽湯は無色透明、弱カルキ臭、ツルツル浴感があります。湯温は高めの44-45℃に調整。利用状況はありありの湯使いだが、オーバーフローもそこそこあるので満足度はまずまず。

管理人のオジサン曰く、「伊豆長岡温泉は温泉の良さを生かした利用をしていない。ホテル旅館などは温泉よりも料理だとかに力を注いでいる。逆にウチの温泉は(あやめ湯)、完全なものでは無いが温泉に近いのだ」と言う。脱衣所の洗面所の湯カランを開けて「このお湯は飲めるんだよ」と言いながら飲泉している。要は循環したり塩素消毒しているが、源泉もしっかりと掛け流しているぞ、との事でした。
(三昧・2015年1月)



実に12年ぶりの訪問となった「あやめ湯」です。風情ある共同浴場で、軒下にぶらさがる提灯がいい味出ています。以前の訪問時と比べると改装した箇所もありましたが、昔ながらの古きよき部分もしっかり残されていました。昭和の懐かしい面影を残す脱衣所からは、昔ながらのガラスの引き戸をガラカラと開けます。このような引き戸が残される浴場も、もう随分と少なくなりました。

浴室は比較的こぢんまりとしていますが、使い勝手の良いシャワーも設置されていました。浴室には3人(つめて4人)サイズの長方形浴槽がひとつ。壁には伊豆の名所の写真が並んでいます。熱めに加温された無色透明の湯は浴槽内で循環、塩素臭も少し臭い湯使い的にはアレですが、溢れ出しもまずまず見られ、それほど悪い印象はありません。湯使いとしては新湯を混ぜつつの半循環といったところかな?記憶に間違いが無ければ以前訪問時は掛け流しだったような気がするので、改装時に循環使用になったのかもしれません。
(まぐぞー・2015年1月)

▼駐車場もあります/外観

▼浴場入り口/券売機

▼男性浴室

▼浴槽/伊豆観光地をパネル掲示しています

▼女性脱衣所のレトロな鏡/女性浴室

静岡県伊豆の国市古奈72-1
0559483840
6時30分~9時・13時~21時30分
定休日要確認
300円
訪問:2002年11月・2015年1月

分析表の掲示はありましたが、管理人さんとの話しに夢中になって確認を忘れました。※温泉利用状況=加温あり・加水あり・循環ろ過あり・塩素系薬剤の使用あり
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 碁点温泉 クアハウス碁点 | トップ | さくらんぼ東根温泉 旅館松浦屋 »