はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

別府温泉 弓松温泉

2017年06月12日 | 大分県


北浜トキハより徒歩圏内の場所にある弓松温泉です。以前はジモでしたが現在では温泉道に加わっており、受付時間内なら一般外来可能です。但し、外来は14-16時までのとても限定された時間となっています。受付は公民館?自治会事務所?に常駐する管理人さんが居られるのでそこでお支払い。

脱衣所から浴室を見るととてもシンプルな造りです。2-3人サイズ、角タイル張りの浴槽が一つポツンとあります。浴室隅に貯湯槽があり、そこから床下を通って浴槽へ流れ込むのは別府スタイル。湯船内にある木栓の微妙な上げ下げで源泉注入量を調整しての湯温調整されています。お湯は予想通り熱い、加水蛇口にてジャンジャン加水してようやく45℃ちょいまで下げる。これでもかという程に掛け湯して身体を鳴らします。なんとか我慢して3分ほど浸かりました。無色透明ですが少し緑がかっても見えます。弱重曹味に温泉臭を感じます。

また、注目すべきなのは貯湯槽です。クリームや茶色の析出でコーティングされトゲトゲ状に成長した表面にもなっています。土類成分の豊富さがうかがえる貯湯槽です。湯温がもうちょい適温寄りなら毎日でも浸かりに通いたい浴場ですね。気に入りました、また行きます。
(三昧・2016年12月)



ホテル三泉閣の裏に位置する、小さな小さな路地裏共同浴場です。以前はジモ専でしたが2016年9月に温泉道に加入しました。加入したといっても2時間のみの開放なので、あくまでも地元専用という基本は変わらないと思います。

細い路地を進むと浴場の手前に小さな管理室があり、そこで料金を支払い浴室へ向かいます。男女別浴室は脱衣所と浴室の一体型で、別府ではよく見られる構造です。女性側には3人サイズの四角い浴槽がひとつあり、無色透明の激熱湯が静かに掛け流されていました。利用者が限られるからか湯汚れの一切ない澄み切った綺麗な湯ですが、訪問時はなぜか源泉の栓が解放されていた為、浴槽温度はかなりの激熱となっていました。なので申し訳ありませんが少しだけ加水をさせていただきました。

賑やかな町中にポツンと隠れるように存在する共同浴場で一人静かに湯浴みをしていると、まるで異空間にいるかのような不思議な気分になってきます。別府にはまだまだこういう浴場が点在するのかと思うとワクワクしてきます。

浴後、管理人さんに温泉道加入後の反応を伺ってみると、平日で2~3人、日曜日は10人弱温泉道の人が来るとの事。ジモ専色の強いこういう浴場は温泉マニアさんも積極的に来ると思うので、外来料金を100円と言わず200円くらいにしてみてもいいんじやないかと思ってしまいました。
(まぐぞー・2016年12月)

▼掲示


▼男性脱衣所/男性浴室

▼男性浴槽/源泉枡

▼掲示

▼女性浴室

▼女性浴槽/源泉枡

大分県別府市北浜3‐6‐16
14時~16時
100円
訪問:2016年12月
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 湯ノ入温泉 中野市温泉公園も... | トップ | 「はしご湯のすすめ」は引っ... »