はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

野沢温泉 滝の湯共同浴場

2017年10月31日 | 長野県

日中の明るい時間帯に訪れてみました。前回とは違い入浴客でまずまず賑わっていました。建物やら館内、浴槽周りまで主だった変化はなかったと思います。浴槽サイズは前回5人とコメントしましたが、今回の訪問で3人に修正します。4人では少し狭く感じてしまう浴槽に、キレイな薄緑色透明、普通に焦げタマゴ臭の湯が満たされていました。白黒で大小さまざまな湯華が湯船内を多めに彷徨っていました。体感湯温43.5℃、賑わっていたので正味5分の湯浴みを楽しみました。
(三昧・2017年9月)



野沢で唯一入湯していなかった共同浴場です。麻釜から徒歩で5分ほどの住宅街の真ん中にあります。木造湯小屋で雰囲気よくどこから見ても共同浴場そのものです。脱衣所と浴室が隣同士の造りで、天井が高く湯気抜きがあり換気良好です。

5人サイズ長方形タイル張りの浴槽が一つあります。なにはともあれ湯色がすばらしいです。濃メロンソーダ色透明、これには惚れ惚れしてしまいます。更に結構なレベルのタマゴ臭をプンプンとも放っています。上部湯口にて源泉に加水がありますが、湯の鮮度がいいのでなにも気になりません。浴槽湯は45-46℃で熱いですがキリッと身が引き締まる思いがします。黒い湯華の浮き沈みも見受けられます。絶好のコンディションでの入湯で満足度の高い湯でした。
(三昧・2008年5月)



9年ぶりに再訪しました。共同浴場の平均的なピーク時(午後3時以降~夕方)を避けて、一番お客さんが少ない時間帯だと予測した13時過ぎに訪問したのですが、狭い浴室は地元の方や観光客も押し寄せてビックリするくらいの大混雑でした。出直そうかとも考えましたが丁度出られる方もいたので浸かってゆくことに。

浴槽湯は相変わらず綺麗に澄んだグリーンをしています。焦げタマゴ臭のプンプン香る湯の中には黒い溶き卵状湯花もたっぷりと舞っています。湯口からは熱め源泉が投入されているのですが、加水用蛇口も開き常時加水状態で、今回がたまたまだったのか、湯温はぬるめ寄りの適温となっていました。多めの加水に加え浴槽の近くで頭を洗う人の泡もバンバン流れ込んでいるのですが、それでも美しい湯色と香りを保つ源泉パワーはさすが野沢温泉でした。
(まぐぞー・2017年9月)



野沢温泉にある共同浴場のひとつです。数ある野沢温泉の共同浴場の中でここだけ未湯でした。温泉街の外れに位置し、周囲は民家などが並んでいます。

初めて訪問した滝の湯ですが、こぢんまりながら風情ある木造の外観が素敵です。女性側には3人サイズの長方形タイル浴槽がひとつ。石組みの湯口より熱い源泉+チョロチョロさし水の投入があり、浴槽内で結構な熱めの湯となっています(加水用の蛇口もあり)。

この湯がとても綺麗で、絵の具を薄く入れたような澄んだ緑色をしています。また、湯の中には溶きタマゴ状の黒湯花も舞っています。湯は香ばしいタマゴ臭がプンプンで、スベ感がありつつ引っ掛かり感もあります。こういう共同浴場は夜に訪問すると湯汚れをおこしている事が時々あるのですが、ここではとても良い状態で楽しめました。
(まぐぞー・2008年5月)

▼男性脱衣所/湯もみ板もあります

▼男性浴室

▼湯口/緑色の湯です

▼女性浴室/湯口

長野県下高井郡野沢温泉村
5時~24時※清掃時間は不可
地域の生活湯です。入浴の際は「もらい湯」感謝の心で。
寸志
訪問:2008年5月・2017年9月

滝の湯 単純硫黄泉 73.0℃ pH=7.7 溶存物質計=1117mg Na=297.5mg(83.39mv%) K=5.5 Ca=48.5 Mg=0.1 F=0.6 Cl=222.5(41.02)
HCO3=89.0 HSiO3=1.5 H2S=4.1 CO2=1.7 H2SiO3=100.7 (H9.12.12)
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 小野川温泉 高砂屋旅館 | トップ | 戸倉上山田温泉 亀清旅館 »