はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

別所温泉 臨泉楼 柏屋別荘(閉館)

2017年05月29日 | 閉館・休業など【中部】
この施設は閉館しました

昔からの歴史がありそうな外観のお宿。木造4階建ての落ち着いた感じの温泉旅館といった印象。

畳敷きの内湯浴室は少し熱気でモワッとっとする空間である。浴槽は石造りの4人サイズのものを利用。端の石湯口より少量の湯を浴槽投入している。浴槽サイズからしては少し投入量が少ないような気がします。湯色が緑がかって見えるのは浴槽素材の色のせいでしょう。湯はやや微にごり、とりあえずは掛け流しの湯使いですが、鮮度感に乏しく思えてしまいます。

内湯続きの露天風呂もありました。ごつごつとした岩や大きな石で造られた露天岩風呂といった印象です。限られたスペースに造られた感じで、周囲は目隠し状態です。5人サイズの広さがあり屋根無し仕様です。肝心なお湯は内湯と比べ鮮度感を感じます。内湯で見られた濁りは無い状態で、湯温も44℃と熱めの設定。露天風呂に関しては清掃直後の張りたてといった感じで満足でした。
(三昧・2013年8月)



別所温泉街の奥まった場所に位置する老舗旅館です。重厚な和風建築に思わず身構えてしまいますが、立ち寄りも普通に受付けてくださいます。外観同様に館内も和風モダンな雰囲気で、一般観光客のウケは良さそうです。

館内には男女別に内湯+露天風呂があります。脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、最近チラホラと見かけるようになった畳敷きの浴室が現れます。浴室には「くの字型」の6~7人サイズ浴槽がひとつあり、熱い源泉をチョロチョロ投入しています。湯使い的には一応の掛け流しですが、湯温を調整するためか浴槽サイズにして源泉投入量が少なく、訪問時は溜め湯状態となっていました。浴槽内でぬるめ寄りの適温、無色透明な中に薄皮状の湯花が沈殿するもので、既にたくさんの人が浸かったのか、やや白濁りを帯びた「こなれ気味となり」、ちょっと時間の経った古い湯の匂いがします。続く露天風呂は浅めの5~6人サイズで、湯は内湯と同じものと思われますが、コチラの方が少しばかり状態は良かったです。この他に貸しきり風呂もあるようですが、立ち寄りでの利用に関しては不明。
(まぐぞー・2013年8月)

▼外観

▼掲示/男性内湯

▼内湯浴槽/湯口

▼洗い場/男性露天風呂

▼女性脱衣所/女性内湯

▼内湯浴槽/湯口

▼溢れ出し/洗い場

▼女性露天風呂/露天風呂からの眺め

この施設は閉館しました
長野県上田市別所温泉1640
13時~19時
物見湯産手形利用のため料金不明
訪問:2013年8月

4号泉 単純硫黄泉 50.9℃ pH=8.8 溶存物質計=328.8mg Na=79.6mg(84.80mv%) K=0.7 Ca=12.1 F=0.9 Cl=40.2(26.53) HS=12.4 SO4=90.8(44.37) HCO3=33.1 CO3=8.1 H2SiO3=48.9 HBO2=2.0 H2S=0.2 (H16.7.5)※露天風呂二か所のみ、冬期の気温の低い時のみ加温あり
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 亀川温泉 とんぼの湯 | トップ | 別府温泉 不老泉 »