はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

与一の湯 那須パレスホテル(宿泊)

2017年07月27日 | 栃木県

那須塩原市の温泉付きビジホに宿泊しました。立地は国道4号沿いにあり、付近にはコンビニやスーパー、回転寿司チェーンやファミレスがあり、素泊まりビジホですが食事には困りません。4号線沿い、ビジホ敷地内の一角に水道蛇口より温泉を流す演出があり、温泉ファンを挑発しています。

到着は食事やらなんやらの寄り道をしての19時半頃。フロントで受付、前払い後に部屋へ向かいます。部屋は3階の角部屋のセミダブル、ユニットバスにテレビ・冷蔵庫・Wi-Fiなどが標準設備です。2階のランドリールームには洗濯場・電子レンジ・各種自販機等があります。

温泉浴室は1階にあり男女別に内湯が一つずつあります。男性浴室には温泉浴槽の他にサウナと水風呂もありますが、こちらには興味をひかず利用はしませんでした。浴槽は4-5人サイズのタイル張りのもの。温泉浴槽は見るも楽しいです。シンプルな水道蛇口代わりの湯口からはご自慢の源泉を35-40L/minも浴槽へ落とし込んでいます。縁の切込みよりオーバーフロー湯が大量に溢れています。これは見るも素晴らしいです。お湯は薄い茶黄色透明、弱鉱物臭。このエリアで湧出する温泉の類ではありますが、湯使いが立派で気に入りました。チェックインして一度、寝る前に一度、翌朝に二度ほど満喫してチェックアウトしました。国道沿いの市街地で何も風情は無いですが、機能的で清潔で快適な客室、湯使いがよく鮮度良好の湯を味わえるのが気に入りました。湯巡りの拠点に便利な宿かと思います。
(三昧・2015年1月宿泊)



車のバンバン行き交う4号線沿い、周囲には飲食店やスーパーなどもある街中のビジネスホテルです。以前から「与一の湯」という独自源泉を掛け流す所として温泉マニアの間では知れていましたが、なかなか行く機会がありませんでした。今回ようやく栃木県内の湯巡りを絡めて訪問する事ができました。那須パレスホテルは外観はややこぢんまりとした印象で、一昔前の派手さのない地味な「ビジネスホテル」の代表のような感じです。最近の華やかなビジホと比べてしまうとやや古臭い印象もありますが、逆にそれが落ち着く感じもします。館内の清掃はしっかりとされ、まったくストレスなく利用できました。

予約した部屋は3階の禁煙セミダブルです。ビジネスホテルとしは平均的な広さで、冷蔵庫、エアコン、テレビ、お茶セット、電気ポット、浴衣タオルが揃い、ユニットバスも綺麗で清潔。セミダブルでは無意識のうちに掛け布団の引っ張り合いが生じたものの、まあ普通に安眠できました。部屋は角部屋で、しかも隣の部屋との間に階段とエレベーターを挟んでいるので、隣近所のお客さんによる騒音は一切無し。時々エレベーターの音が小さくする程度です。

お楽しみの温泉は一階にあり、手前が男性浴室、奥が女性浴室となっていました。浴室の大きさが全然違うのですが、男女札が固定されていたので入れ替えはなさそうです。女性浴室は大変こぢんまりとし、使い勝手の良いシャワーが二つ並ぶ洗い場の横に2人サイズの浴槽がひとつあります。湯口より投入される湯は、ほんのり茶色づいても見えるほぼ無色透明、ややぬるめ寄りの適温で、湯口付近の湯中と湯面に細かな気泡が漂います。ツルツルとした肌触りが印象的で、重曹の甘くもったりとした香りがし、口に含むと重曹の甘味と鉄風味を感じます。湯使いは勿論掛け流し、しかも浴槽サイズにして投入量が多く、また利用者も圧倒的に少ないため鮮度は大変良いものでした。

西那須野周辺は車で時々通るのですが、宿泊したのは初めてです。ここに宿泊すれば周辺の湯めぐりに便利、塩原にも近く、利用価値は高いなと思いました。
(まぐぞー・2015年1月宿泊)

▼施設前に流される源泉/夜の外観

▼館内の案内/共有のレンジとコインランドリー

▼宿泊した部屋

▼部屋の備品とシャワールーム

▼温泉の案内

▼男性脱衣所/男性涼みどころ

▼男性浴室/別の角度から

▼男性浴槽

▼湯口

▼浴槽から

▼女性脱衣所/女性浴室

▼浴槽

▼湯口

▼浴槽から

栃木県那須塩原市西原町189-1
0287369191
立ち寄りに関しては未確認
宿泊しました:セミダブル一人4100円利用
訪問:2015年1月(泊)

与一の湯 単純温泉 46.8℃ pH=7.6 溶存物質計=582mg Na=119.3mg K=9.8 Ca=1.0 Mg=0.1 Fe2=0.1 F=1.8 Cl=84.1 HCO3=196.3 H2SiO3=160.7 HBO2=8.7 CO2=5.0 (H21.3.13) ※温泉利用状況=全ての項目で該当なし
ジャンル:
温泉(お出かけ)
この記事についてブログを書く
« さくらんぼ東根温泉 温泉浴場... | トップ | 別府温泉 大和温泉 »