はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

大町市コミュニティセンター 上原の湯

2017年03月23日 | 長野県
大町市コミュニティセンター「上原の湯」は公共公衆浴場です。利用料金は地域最安値と謳っていました。早速、浴室へGoします。男女それぞれに内湯一つがあるシンプルな設計です。明るく清潔感のある浴室で好感が持てて公共施設としていい感じです。

浴槽は五角形タイル風呂で浅めゾーンと全身浴ゾーン併せて10人サイズでしょうか。訪問時は土曜夕方に差し掛かる時分、お湯が見ために白濁りしかかっていました。スベスベとした浴感、湯口にて微温泉臭、体感湯温は43.5℃でした。投入湯量はおよそ15L/minほどでしたので多客期などの湯汚れが気にはなります。掲示の湯使いは塩素使用とありましたが臭いは感じなかったです。掛け流しの市民に人気のある浴場のようでした。
(三昧・2017年3月)



大町市にある公共の温泉施設です。以前に一度立ち寄ろうとしましたが夕方の混雑で断念した所です。今回も夕方の訪問でやや混雑していましたが、せっかくなので寄ってみる事にしました。館内はシンプルな造りの地域住民のための公衆浴場といった雰囲気で、女湯の大半はお婆ちゃんのお客さんでした。

機能重視のスッキリと明るく清潔感のある浴室には10人サイズ浴槽がひとつあり、無色透明の適温湯が静かに掛け流されています。湯は葛からの引き湯混合泉で湯口で熱め、湯温の関係からか浴槽サイズにして投入量は少ない印象で、夕方の訪問では既に大勢の人が浸かった後だからか、湯なまりが発生していました。塩素使用の掲示もありましたが湯からは匂わず、スベスベ感もあり、ますまず楽しめる湯です。

今回は夕方の訪問で、お湯に元気がなく少し残念でした。ただ源泉や湯使いは良いので、施設オープン時間の朝に訪問すれば、印象も随分違うのかもしれません。ここは時間を変えてまた再訪したいと思います。
(まぐぞー・2017年3月)

▼外観

▼男性浴室/ヘルストロン

▼入館にあたっての注意


▼女装は入館できません


長野県大町市平1955‐446 
0261222759
9時~21時
第2・4火曜日休み
400円
訪問:2017年3月

上原の湯 新第2源泉、平成の湯、元湯1号、高瀬の湯(以上の混合泉) 単純温泉 74.2℃ pH=7.4 溶存物質計=676.2mg Na=131.1mg(86.89mv%) K=7.4 Mg=0.1 Ca=13.2 Fe2=0.1 F=8.3 Cl=139.2(58.50) Br=0.1 HS=0.1 SO4=13.3 HCO3=125.6(30.67) H2SiO3=236.2 HBO2=1.5 CO2=34.2 H2S=0.2 (H17.6.24) ※温泉利用状況=加水あり、塩素系薬剤の使用あり
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« はしご湯のすすめは引っ越し... | トップ | 葛温泉 温宿かじか »