はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

岡谷温泉 ロマネット

2017年02月04日 | 長野県


金曜日の夜間に再訪した。客層は一日の仕事終わりに入浴すると思われるお客さんが多い。受付して浴室へ。中央に位置するローマ風呂に満たされている湯の色が以前とは若干薄いような第一印象だ。気のせいかもしれない。お湯はヌルつるして肌をさすると気持ちが良い。湯からはかすかにカルキ臭、湯使いは全ての項目でアリアリだ。時間があったので珍しくあまり得意でないサウナにも挑戦する。温度計は90℃オーバーで2分で撤退し、外気浴エリアにて火照りを沈めた。設備充実の日帰り温泉施設は健在だった。
(三昧・2016年11月)



岡谷市にある公営の大型日帰り温泉施設です。早朝より営業しているとの事で、車中泊明けの朝に訪問。実際に到着してみると施設規模の大きさに少し戸惑う。と同時に朝一番風呂目当てのお客の多さに驚き。

施設面では浴室の他にバーデプールに食堂、リラックスルームに畳敷きの休憩室。他にもサウナは当然で至れり尽くせりです。

12角形の浴室、中央にはローマ風呂を意識した円形大浴槽があります。20人サイズの広さがあり、浴槽中央には円柱状の湯口を配置。浴槽内のそれぞれの場所には深さを設定しており、浸かる場所によって半身浴や首まで浸かれるエリアを設けています。湯は茶褐色透明でモール系、スベスベ浴感に重曹甘味を感じます。湯使いは循環仕様の全てありありですが、お湯はそうは悪くありません。かと言っても良くもありません。一般向けには好まれる施設かと思う。
(三昧・2009年9月)



数年ぶりに立ち寄った岡谷温泉の日帰り施設ロマネットです。金曜日の仕事終わりに車を走らせて夜21時頃に到着しました。平日のこの時間帯は、同じく仕事帰りと思われるお客さんがマイお風呂カゴをぶら下げてたくさん訪れていました。

さて久々のロマネットですが、雰囲気のいい円形風呂は以前のままで、天井の高い広々空間でゆったりと湯浴みが楽しめます。湯使いは完全循環のようですが、弱いヌルスベ感のある湯は不思議と嫌な感じがありません。ただ前回は湯色がもう少し茶色かった記憶があったのですが、今回はほぼ無色透明でほんのりと茶色く色づいて見える程度でした。前回は明るい朝で、今回は暗い夜だったので、外光などの関係で湯色の印象が違って見えたのかも?
(まぐそー・2016年11月)



浴場の他にプールゾーンも併設された公営施設です。大きく豪華な建物は随分お金がかかっていそう。通常は500円の入浴料金ですが、朝風呂タイムは250円で楽しめます。朝6時に訪問すると広い駐車スペースは既に満車状態、浴場内も朝風呂狙いの地元民で大賑わいとなっていました。

浴室に入ると広々とした空間中央に20人サイズの大きな円形浴槽がひとつ。その浴槽を囲むようにステンドグラスの窓が造られ、洒落た洋風「ロマネスク」といった雰囲気です。浴槽に満たされる湯はモールチックな薄い麦茶色で、甘い香りのする程よい適温。細か~な泡つきがあり、スベスベとした肌触りがあります。循環、塩素利用の表示もありましたが、嫌な臭いなどは感じませんでした。浴槽中央には円柱の湯口があり、お湯が滔々と流し込まれています。が、施設の人によると、それも循環湯との事。湯使い的にはアレですが、お湯自体はまずまずの印象。
(まぐぞー・2009年9月)

長野県岡谷市長地権現町4-1-24
0266‐27‐6080
5時30分~9時(受付8時30分)250円→270円
10時~22時30分(受付22時)500円→530円
訪問:2009年9月・2016年11月

岡谷温泉 単純温泉 45.5℃ pH=8.1 溶存物質計=961.3mg Na=218.9mg(86.39mv%) K=28.0 Mg=1.3 Ca=13.3 Fe2=0.3 F=0.7 Cl=136.4(35.00) Br=0.3 HS=0.8 SO4=12.6 HPO4=0.2 HCO3=417.4(62.19) H2SiO3=128.4 HBO2=2.8 CO2=3.4 H2S=0.1 (H14.9.26) ※加温あり、加水あり、循環ろ過あり、殺菌剤使用あり
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 別府温泉 ホテルシーウェーブ... | トップ | マリン温泉パーク(閉館) »