はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

戸倉上山田温泉 亀清旅館

2017年10月31日 | 長野県

戸倉上山田に来たので、お宿の風呂にお邪魔させてもらおうと訪問した旅館。宿泊客がご到着前する前に立ち寄りさせていただいた。昔からある古風な和風温泉旅館の印象を受ける。受付は感じの良い大女将さん?で「今の時間なら立ち寄り入浴どうぞ」とお返事。

浴室へ向かう廊下突き当りに貸切の露天風呂(別料金)があるが、利用するのはここではありません。お目当ての男湯は内湯と露天風呂の「100年風呂」というネーミングの若旦那お手製の風呂がある。内湯を覗いてみるとまだ湯溜めの最中で7割ほどの溜まり具合い。しかし、空間にはぷんぷんとタマゴ臭が香っており上山田の湯だなぁと感じます。タイル造りの8人ほどの広さがある湯船です。石湯口よりだいたい20L/minの投入湯量があります。湯抜き後の源泉入れたて最中なので湯汚れの無い高鮮度の湯が満たされ中です。湯は無色透明、体感42℃といったところで浸かり易いです。

一度、脱衣所へ戻りそこから露天風呂へ移動します。若旦那お手製の露天石風呂は手造り感あるもので、すぐ横は上山田温泉の源泉掘削地の一つとなっています。浴槽はせいぜい2人で限界の広さです。訪問時のお湯はわずかに緑がかった透明なもの、さらにタマゴ臭を放ちます。いうまでもなく掛け流しですが、訪問時がたまたまだったか露天風呂の清掃管理においては心配な面も少々。
(三昧・2016年1月)



スナックやバーが立ち並ぶ歓楽温泉街の戸倉上山田街ど真ん中にありながら、歴史のありそうな温泉旅館の風格を持つ亀清です。現在ではやや鄙びすら感じますが、広い玄関や昔ながらの落ち着いた館内などを見ると、かなり力のあった旅館だったのかな、と思います。訪問時は立ち寄りの可否は不明でしたが、飛び込みで伺うと大女将らしき方が快く迎え入れてくださいました。

館内には男女別浴場と、別料金で貸し切りできる露天風呂もあります。今回利用したのは男女別浴場です。浴場は趣が違いますが、入れ替え制かは不明。脱衣所を抜けると先ずは内湯があり、こぢんまりとした浴室に細長い3人サイズ槽がひとつありました。訪問時はまだ七割程度の湯溜め中でしたが、湯口より無色透明タマゴ硫黄臭プンプンの湯が適温で掛けながされていました。鮮度の良さは当然で、ツルツルとした肌触りの気持ちよい湯です。

外には2人サイズの木造露天風呂もありました。亀をかたどった愛嬌ある湯口がかわいい、手作り感満載でホノボノとした露天風呂です。こちらも内湯同様タマゴ臭ムンムン適温の無色透明湯が掛け流され、既に満湯となり溢れていました。露天風呂では湯の投入時に発生するのか弱い泡付も見られ、こちらも気持ちよく湯浴みができました。
(まぐぞー・2016年1月)

▼外観/館内

▼館内/中庭の池には大きな鯉がいました

▼温泉に関する展示物

▼男性内湯/浴槽

▼内湯湯口/湯口の上の亀

▼男性露天風呂/隣は源泉井

▼女性内湯/湯口

▼女性露天風呂/手作り感満載の亀湯口

長野県千曲市上山田温泉2-15-1
0262751032
11時~21時
500円
訪問:2016年1月

26号・27号・30号・32号・35号・40号・41号・43号・46号源泉の混合泉 アルカリ性単純硫黄泉 44.0℃ pH=8.6 溶存物質計=537mg Li=0.1mg Na=142.3(80.84mv%) K=3.0 Mg=0.4 Ca=26.8 Sr=0.3 F=1.0 Cl=186.3(66.19) Br=0.7 I=0.2 HS=15.2 S2O3=2.0 SO4=64.4 HCO3=39.5 CO3=4.0 (H22.7.28) ※温泉利用状況=冬期のみ温泉供給源(上山田温泉(株))において1~2度の加温を行うことがある。貸切露天風呂のみ12月より3月まで加湯あり、加湯による加温あり
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 野沢温泉 滝の湯共同浴場 | トップ | 草津温泉 ペンションはぎわら... »