はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

別府温泉 悠彩の宿望海

2017年08月03日 | 大分県

久しく再訪しました。受付して初めに7階の露天風呂へ向かう。露天風呂は以前にも浸かったことがある。エレベーターでは6階まで、そこから7階へは階段を利用することとなる。変わらずに解放感のある露天風呂で、好天の今回は別府湾の眺めが素晴らしい。浴槽からはオーバーフローが確認できるようになっていたのと、当日はカルキ臭を感じず。ただ湯口よりの投入量とオーバーフロー量とが合わないので半循環の湯使いか?

次に内湯へ移動する。前回は立ち寄り時間外だったということで内湯は利用できずでした。念願かなってようやく浸かることとなった。広め浴室に一方向がガラス張りの空間。ガラス窓向こうには砂浜や海が望めてなかなか素晴らしい。浴室の向正面の壁にはタイル絵がありこれも素晴らしい。「山は富士・海は瀬戸内・湯は別府」の文字、鉄輪の湯けむり、広い海がタイル絵になっている。浴室中央に20人サイズのタイル張り浴槽を配置する造り。湯船縁は御影石造りだ。湯口より体感42℃の湯を約30-35L/minほど浴槽へ流し込んでいる。お湯は無色透明でつるつるキシキシが混在するものだ。温泉臭も感じられ、訪問時間が良かったせいか鮮度も抜群であった。露天風呂の湯より断然こちらの内湯の湯が勝っている。完全な掛け流しで気に入った。
(三昧・2016年3月)



海沿いに立ち並ぶ大型ホテルの一つ「望海」。立ち寄りでは露天風呂のみ入浴可能との事である。建物の最上階に露天風呂を配置。石板張りの開放感たっぷり露天で7-8人サイズの広さがあります。無色透明でほぼ無味、弱温泉臭の湯はつるつる浴感を感じます。湯口からは循環湯がドバドバ状態です。浴槽内にはハードな吸い込みあり。しかしながら、ここからの眺望は良いです。別府湾一望、そこを通る長距離フェリーちょうど見えました。湯はどうってことありませんが、眺めは抜群です。
(三昧・2008年1月)



数年ぶりに再訪した北浜地区にある大型観光ホテルです。その名の通り海を間近に望む事ができます。これまでの訪問時は「内湯が清掃中」という事で露天風呂のみの利用でした。今回は事前に電話で「内湯は何時から利用できますか?」と伺ってからの訪問です。チェックイン時間以降は宿泊客で賑わいそうな館内も、お昼では立ち寄り客もなく静かなものでした。

まずは前回も利用した露天風呂へと向かいました。露天風呂はエレベーターで6階まで行き、さらに階段を上った先にあります。海岸に面した高い位置にあるので眺望は抜群です。ただ数年前はもう少し開放的だったような気がするのですが、今回は女性側に限っては塀に囲われ外の景色が見えにくくなっていました。露天風呂には5人サイズ浴槽がひとつあり、やや熱めのつるつるとした湯が吸い込み稼働の半循環利用されています。半循環とはいえ塩素臭はなく溢れ出しもまずまずで悪い印象はありません。随分以前はもっと派手に循環利用していた記憶があるので、昨今の掛け流しブームに乗り湯使いを工夫されているんだと思います。

お次は今回お目当ての内湯へと向かいます。内湯は二階にありますが窓の外は海岸という好ロケーションに位置しています。浴室には12~3人サイズの浴槽がひとつあり、湯口で熱い源泉と水を同時投入、浴槽内でぬるめ寄り適温の掛け流しとなっています。ほぼ無臭の湯は加水ながらツルツル感が明瞭で、まだはりたてなのか鮮度も申し分なく、いつまでも浸かっていたい優しく心地よい湯です。アメニティも一通り揃い、これが500円で楽しめてしまうのは、さすが別府だなぁと思いました。
(まぐぞー・2016年3月)

▼外観/男性露天風呂

▼浸かった様子

▼女性露天風呂/溢れ出し

▼訪問時男性用だった内湯「さざなみの湯」

▼このタイル画がよいです

▼湯口/窓からの眺め

▼訪問時女性用だった「なごみの湯」/別の角度から

▼湯口/溢れ出し

▼浴槽と窓の間は寝湯のようになっていました/浴室からの眺め

大分県別府市北浜3-8-7
0977221241
11時~15時(要問合せ)
500円
訪問:2004年4月・2008年1月・2016年3月

源泉名は撮影漏れ(男湯・大浴場での分析) ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 43.2℃ pH=8.3 溶存物質計=1047mg Na=242.5mg(87.49mv%) K=34.2 Mg=1.8 Ca=9.9 Cl=108.6(26.18) SO4=87.1 HCO3=367.2(51.50) CO3=24.1 H2SiO3=165.5 HBO2=6.5 CO2=84.7 As=0.3 (2005.2.23)

源泉名は撮影漏れ(源泉での分析) ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 55.8℃ pH=8.3 溶存物質計=1161mg Li=0.7mg Na=238.0(86.68mv%) K=40.9 Mg=1.9 Ca=5.2 Mn=0.3 Fe2=0.3 Cl=124.0(25.72) SO4=115.0 HCO3=408.0(49.16) CO3=31.0 HAsO2=0.6 HBO2=2.3 H2SiO3=192.4 CO2=3.3 (H16.1.14) ※温泉利用状況=加水あり(源泉率およそ90%)
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« 別府温泉 ホテル好楽 | トップ | 尾瀬桧枝岐温泉 旅館ひのえまた »