はしご湯のすすめ

はしご湯のすすめは引っ越しました。

門前温泉 光雲荘

2018年01月13日 | 栃木県

門前地区に位置する中規模温泉旅館です。今までに複数回ほど立ち寄りしていますが時間内なら入浴をお断りされたことはありません。今回の訪問は土曜夕方4時、受付して廊下突き当りの浴室へ向かいます。脱衣所内洗面台にはアメニティーも揃っていました。

内湯浴室はL字型の石造り、10人サイズの浴槽があります。石湯口より約25-30L/minほどの加水された源泉が浴槽へ落とされていました。やや緑がかった透明湯で湯口と湯面からは金気臭が感じられます。弱塩味に弱重曹味もあり。湯船脇の切り込みより溢れ出しある加水掛け流し。

ガラス窓向うには露天風呂もあります。露天岩風呂といった印象で10人ほどが浸かれるでしょうか。板塀に囲まれているので眺望などは無縁ですが、露天脇にちょっとした植木などがありました。浴槽をなみなみと満たす湯は薄っすらと表面はすまし汁のように白っぽく見えます。体感で42.5℃ほどの湯温で雪降るなか湯浴みを楽しみました。
(三昧・2015年1月)



塩原温泉街のメイン通りからは一本外れた、ホテルニュー塩原の斜め向かいあたりに位置するお宿です。一般的な中規模温泉旅館といった建物で館内は綺麗にまとまり清潔感があります。今回十数年ぶりの訪問ですが、相変わらず清掃が行き届き気持ちよく利用できました。

館内には男女別大浴場があり、それぞれに内湯と露天風呂があります。先ずは内湯ですが、窓に沿って造られた12~3人サイズのL字型浴槽に熱い源泉が注ぎ込まれ、浴槽内で熱めの掛け流しとなっています。ほんのり茶緑がかっても見える無色透明湯は、重曹の柔らかな甘い香りと鉄臭がぷんぷん香る心地よい湯です。

続く露天風呂は庭園風の岩風呂で、12~3人ほどの大きさがあります。「塩原最大級の露天風呂」と公式ページに書かれている通り、塩原温泉の中ではなかなかの広さがありました。また、女湯側から扉を開けると男湯側へ行けるという仕組みにもなっています。肝心の湯は熱い源泉投入と同時に内湯からの流れ込みもありの掛け流し。内湯同様にほんのり色づいても見える無色透明で、こちらの方がやや弱いながらも重曹と鉄臭を感じる事ができます。訪問時はなかなかの強風雪でしたが、その中でも気持ちの良い熱い湯を楽しむ事ができました。

また、館内には足湯と飲泉所のコーナーもあり、湯浴み後にはこちらも楽しませていただきました。
(まぐぞー・2015年1月)

2015年

▼外観/男性脱衣所

▼男性内湯/内湯湯口

▼男性露天風呂

2003年

▼外観/館内

▼浴室入口/男性内湯

▼男性露天風呂

▼女性内湯/女性露天風呂

▼足湯/飲泉所

栃木県那須塩原市塩原2340-1
0287322414
14時~20時
600円
訪問:02年数回・2003年8月・2015年1月

光雲荘源泉 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 73.2℃ pH=6.8 溶存物質計=1885mg Na=320.1mg K=45.6 Ca=87.6 Mg=31.2 Mn=0.2 Fe2=0.1 F=0.4 Cl=498.2 SO4=39.5 HCO3=516.0 HS=0.1 HAsO2=0.2 H2SiO3=310.7 HBO2=34.9 CO2=319.8 H2S=0.2 (H6.1.28)※温泉利用状況=加水あり

訪問当時、上記以外にH13分析の町営門前1号源泉の掲示があったが実際の利用形態は不明。お宿公式HPには光雲荘源泉のみで、町営門前1号源泉については記載見当たらず。