”OKINAWA発”ゆう兄ちゃん ちょーテキトー雑文

自動車バイク自転車健康スポーツ登山ハイキング子育て仕事恋愛旅行、徒然なるままの放言すみません。

車中泊の旅 まずは富士見台高原 (前編)

2010年10月17日 | Weblog
神坂峠(みさかとうげ)から恵那山に登った事のある人なら知っている絶景の高原。
富士見台といっても富士山が見えるわけではないが、その360度見渡せる景観から富士山も見えそうな高原である。

恵那山までのハードな道程に比べれば、神坂峠から反対方向に1時間足らずで達する「ちょーお手軽絶景の高原」なのだ。


中央道恵那峡SAで車中泊。
次の中津川ICで降りて1時間半くらい、1~1.5車線の狭い林道を上り詰めると恵那山と富士見台を繋ぐ稜線上のどん突き「神坂峠(みさかとうげ)」に到着。
車で来られるのはここまで、反対の長野県側は一般車は通行止めです。
登って来た道を振り返ると稜線の先に雲を冠った恵那山がボンヤリ見えました。


峠上の看板。
恵那山と富士見台を結ぶ稜線、東濃と南信州を結ぶ古代の官道である東山道といった登山道の十字路でもあります。


峠のドン突きすぐ左手に数台停められる駐車場、神坂町の営業する萬岳荘、その先に富士見台があります。


神坂峠は古代の祭祀場跡が遺跡に指定されています。


遺跡のすぐ脇を登山道があります。
以前来たときはここから富士見台に行きました。


駐車場は5,6台で一杯。
歩いて15分先の萬岳荘にも管理人さんに断って何台か停められます。


紅葉が始まっていました。


萬岳荘まではこんな道。
長野県側の「ヘブンス園原」のゴンドラ終着駅からシャトルバスがひっきりなしに行き来していました。



「萬岳荘」綺麗な個室形式の山小屋


トイレも綺麗に管理されていました。
これくらいだと気持ちよくチップも払いたくなるものです。


萬岳荘の裏からすぐに笹山の趣き。
緩やかな登りを景色と一緒に楽しみます。




振り返るとウッスラと南アルプス。
晴れてればズララララァ~と嶺々の連なりが見えるのですが。


途中の避難小屋。


頂上方面は青い空も見えます。


振り返ると座り込んでいる次女。
時間も早いせいか登山者はあまり見かけません。


頂上の左手に見慣れた山容が。


右手にもゴツゴツした山並みが。


御嶽山ですね!


その右奥には乗鞍岳!



◇ブログランキングに参加しています!↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第60回 加納西市民大運動会にて | トップ | 車中泊の旅 まずは富士見台... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事