”OKINAWA発”ゆう兄ちゃん ちょーテキトー雑文

自動車バイク自転車健康スポーツ登山ハイキング子育て仕事恋愛旅行、徒然なるままの放言すみません。

乗鞍岳 剣ヶ峰 3026m (剣が峰頂上~下山)

2010年08月29日 | Weblog

下界はすっかり雲海に覆われていますが、山頂はまだ夏の日差しがカンカン照り付けています。
二人ともコンガリ焼けたかな。


乗鞍本宮頂上社。
宮司さんが常駐してお札を売っていました。


景色堪能の後は、いつものようにカップ麺で昼食。
今日はガツンとカレーヌードル、オニギリに特製茹で卵(塩味殻付茹で卵)。
前夜遅く出てきたこともあり、眠くもなります。


こちらにも爆睡者。
実はオヤジもいびきかいて寝てました。
なんと2時間も頂上にた勘定です。


そそくさと降る下山道。
登りでは巻いた「蚕玉岳」(2,979m)。


剣が峰と同じく旧噴火口である権現池を取り巻く外輪山であることがよく分かります。


ここらだけは岩は少なくザレてます。


何度も剣が峰頂上を振り返りながら下山します。
「去り難い」と言っていた他の登山者の言葉が胸をよぎります。


帰りは肩の小屋から畳平のバスターミナル目指します。
エコーラインを降るバスでも皆が爆睡モード。
乗鞍高原観光センターに着くと、翌日開催される「第25回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」のためチャリダーで溢れ返ってエライことになっていました。
人ごみを避けるように乗鞍高原を降り、高山・平湯方面へ抜けました。


例の政策で無料になっている安房トンネルを出て「平湯の森」で白濁した湯につかりゆ~っくり汗を流しました。これだけいい湯に浸かって500円/人はお得ですなぁ。
いいっ!「平湯の森」写真取り忘れた。


◇ブログランキングに参加しています!↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
コメント   この記事についてブログを書く
« 乗鞍岳 剣ヶ峰 3026m (肩... | トップ | 伊禮俊一の『先生』という曲 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事