山野颯想

山野走、山野歩、山野逍遥など、山野にかかわる事柄を中心に記載しています。

ヒガンバナ(マンジュシャゲ)

2021年11月22日 | 植物
2021年09月23日(木)
『ヒガンバナ』
<マンジュシャゲ>
秋分の日の今朝、NHKラジオ深夜便で、「ヒガンナバ」が今日の誕生日の花として紹介されました。
花言葉は「再開」でありました。
花の色に赤や白などがあり、それぞれに花言葉があって、花言葉があまりにも多く、控えられませんでした。
また、マンジュシャゲ始め、テンガイバナ、リコリスなどと、花名は1,000以上もあるということでありました。
この見出し画像の、[ヒガンバナ]は、2019年の9月24日にカメラに収めたものです。
この日の僕の記述に次の如くありました。
「打上川治水緑地の外周コースに入り、東方より直線道を西方へと歩く。然程明るくない時刻ゆえまだ歩く人は少ない。
緑地の西端、府道が直ぐ右手に見える所にやって来ると、彼岸花が数多咲いていた。
この22日には気付かなかったので、咲き始めたのは昨日からだろうか。
二周目に入るとき、紅い彼岸花中に白花もあるのに気付く。
外周コースの二周目が終了し、治水緑地の西端にやって来たときに彼岸花をカメラに収める。
打上川治水緑地で彼岸花(曼珠沙華)に出合えるとは思ってもいなかったし、シロバナマンジュシャゲにも出合えたのだ。
ところで、曼珠沙華に白花があるのを知ったのは、いつの日にか明日香村に行ったときだ。
それ以来の久し振りのシロバナマンジュシャゲとの出合いであった」と。



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 半日遅れの中秋の名月 | トップ | シラヤマギク(今日の誕生日... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事