山野颯想

山野走、山野歩、山野逍遥など、山野にかかわる事柄を中心に記載しています。

コマクサ(燕岳への径にて)

2019年12月12日 | 植物
2019年12月11日(水)
『コマクサ』
<燕岳への径にて>
2005年08月14日、
ザックを燕山荘前に置いて、空荷で燕山荘より燕岳を往復する。
僕の山日記に次の如き記載が残っている。
「群生するコマクサに包まれた砂礫の径を、

岩陰からそっと微笑みかける白山風露や深山小米草、岩桔梗に見送られながら往復する」と。

そのときは、絶好のハイキング日和であったのだが、
その後、大天井岳へと向うときには、天候に変化の兆しが見え始め、
ガスが湧き昇り気温が下がり風が出始めた。
それまでは短パンとTシャツ姿であったのだが、それぞれその上に一枚羽織らねばならなかった。
それ以降も道すがら[駒草]を見掛けたようだ。

コメント   この記事についてブログを書く
« ヤマガラシ(伊吹山北尾根で... | トップ | モミジの絨毯 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事