つか手ぬぐい

コレクションしている手ぬぐいをアップしていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鏡平

2005-03-17 00:02:47 | 
北アルプスは新穂高から登ったところにある、鏡平山荘にて買い求めたものです。1998年頃だったと思います。

会社の先輩に連れられて、富山から入り、薬師~鷲羽~水晶~雲の平~新穂高と縦走した際、最終日に買ったと記憶しています。

鏡平近くには鏡池と呼ばれる池があり、そこに映る槍ヶ岳は素晴らしいです。最近は山から離れていますが、また登りに行きたいものです。
コメント

諏訪大社 御柱祭 (そば蔵)

2005-03-16 00:03:25 | 観光地
「平成10年戌寅」と書いてあります。確か5年前、2000年に購入したと思うのですが、年号が合わないのでちょっと自信がなくなってきました。

昼食に立ち寄った蕎麦やさんに置いてあったのを買った記憶があります。あるいは売れ残っていたものかもしれません。

テレビなどで見るとすごい勇壮な祭ですよね。以前、諏訪出身の方と話した時ですが、祭の年は何があっても家に帰り、祭に参加するそうです。血が騒ぐそうです。私の実家にはそのような熱い祭がないので、そのような感覚はうらやましいものがあります。実際の祭は見たことがありませんが、いつかは見てみたいものです。
コメント (3)

馬籠宿 藤村記念館

2005-03-13 00:26:37 | 観光地
長野県から岐阜県に越県編入した馬籠宿の手ぬぐいです。
購入は古く、1996,7年ごろだと思います。その後も何回も遊びに行っていますが、
今でも売ってるのか確認したことありません。藤村記念館に売ってたような気もしますが、定かではないです。

馬籠宿は江戸時代の面影を残した(復活させた?)宿場町で、坂沿いに両側にお店が開けている観光地です。店を眺めながらぶらぶら散歩すると気持ちよいところです。坂を登った町外れにそば屋があって、そこのざるそばが美味しいです。以前に比べると店も増えてきて、ファンとしてはうれしいですね。

山を越えたところには同じく宿場町の妻籠宿があり、こちらも素敵なところです。こっちは坂が殆どなく、好対照です。どちらの町も、一度泊まってみたいところです。
コメント

奈良 元興寺

2005-03-10 22:58:02 | 寺社
奈良市 なら町にある元興寺の手ぬぐいです。図柄は鬼だとか。
確か世界遺産に指定されている寺の一つだったと思います。

なかなか渋い図柄です。

寺も落ち着いた雰囲気の、良い寺です。

これって「がんごうじ」って読むのか。今知りました。
コメント (6)

熊野本宮大社

2005-03-09 00:17:06 | 寺社
紀伊半島にある熊野本宮大社の手ぬぐいです。パッと見ると、真っ赤な日の丸が目にとまります。どことなく右っぽい感じですが、本宮なのでそれも納得です。二羽の鳥は八咫烏でしょうか。

「どちらかけても片参り」という文面はこの辺りではけっこう見る文句で、三重県の多度大社でも同じ文面書いてあります。No.1は伊勢に譲っても、No.2はうちだ、というプライドが見えて面白いです。

これを買ったのは97、98年頃だったと思いますが、この頃の熊野古道はブレーク前でした。近くにある湯の峰温泉はひなびた感じだったのだけど、今ではどうなっているやら。日帰りで行っていたので、朝5時に出て往復14、5時間走り、夜中に帰るというような生活を毎週末繰り返してました。

コメント

飛騨

2005-03-06 01:04:53 | 観光地
昨年、飛騨古川に行った際に買い求めたもの。土産物屋さん覗いてもぜんぜん置いてなくて、諦めていたのですが、外れの方にあった店で最後の一枚になっているのを見つけ、大急ぎで買ったものです。飛騨地方全域用みたいです。高山でも聞いてみたけど、最近は置いてないとのこと。タオルはあるんだけどね。
コメント

五箇山 こきりこ節

2005-03-06 00:58:57 | 観光地
これも大昔に買ったもの。まだバイクに乗っていた頃に五箇山経由で北陸いツーリングに行った際に購入したと思われます。7年以上前かな。五箇山のキャンプ場で泊まったのですが、隣のキャンパーに晩御飯ご馳走になった記憶があります。五箇山から北へ向かう道は、川やダムを越えながら走るのですが、朝霧が出て幻想的でした。
白川郷に比べるとこじんまりとしてるけど、趣のある集落が印象的です。一度、冬の雪の中、泊まってみたいものです。
コメント

上高地 明神館

2005-03-06 00:47:55 | 
手ぬぐい第2段です。上高地の明神館という宿で買ったようなのですが、いつ買ったか覚えてません。何年か前に遊びに行った時だと思うのですが・・・

白銀の山とピッケル持った登山者の対比がいい感じです。登りに行きたくなります。穂高は行ったのですが、槍は未だ登ったことなし。
コメント   トラックバック (1)

京都 龍安寺

2005-03-06 00:35:19 | 寺社
大学の頃から趣味で手ぬぐいを集めてきました。観光みやげとしての手ぬぐいは風前のともし火の感が強いですが、それだけに、たまに見つけたら嬉しさのあまり、すぐに買ってしまいます。

暇を見ながらコレクションを紹介していこうと思います。

この手ぬぐいは石庭で有名な京都 龍安寺の石庭をデザインしたものです。大学時代に友人にもらったことがあるのですが、これは2代目。自分で行った際に買ってきました。石庭の雰囲気が良く出ていると思います。
コメント