日々是好日

懐かしき過去、期待の未来を希んで!

端午、立夏と過ぎて、いよいよ夏

2011年05月09日 | Weblog
 端午の節句、立夏を過ぎて愈々夏来ると言う感じである。街を歩いて登学する道すがら、ツツジが大輪の赤紫の花を開いて街路に彩りを添えている。ツツジとハルジオンが競り合って赤白のベルトを作り、街路樹の下支えをしているようである。思えば、一昨日まで赤沢の竹林の竿先に「藤垂れて竿頭の鳥声響く」と言う風景が毎日目に留まり、鶯のその甲高い夏啼きの声が、辺りの森林に一際鋭く響き渡る。そんな情景を赤沢で毎日眺めていたので、帰京した今でも、それが耳目に焼き付いている。明日から愛鳥週間である。雀やツバメの動きも活発である。取り分け今日の東京は、清々しい初夏だ!小鳥のさえずりも一段と弾んで声高く、街角に谺して聞こえてくる。
 さぁー元気を出して教職員皆で頑張ろう。5月に入って初の執務である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 連休後2度目の日曜日 | トップ | 愛鳥週間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事