13月32日25時(ブログ版)

私の記憶チップと君の記憶チップを、交換しないか…?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

blogってどうよ?

2005-08-23 18:01:10 | Weblog
今のところは、もっぱら深夜の受話器や同好会のサークルノートにたたきつけられている、青春の情熱や個人的な愚痴や妄想や表現欲求が、大量に出版され、あるいは通信回線を通じて不特定多数の読者に向かってバラまかれるのだとしたら、これは相当に鬱陶しいことになるに違いない。(*1)

小田嶋さん、いまのブログってどうですか?


(*1)『我が心はICにあらず』の「回線上のはあはあ電話」から。
書名:テクニカル・エッセイ『我が心はICにあらず』
著者:小田嶋隆
出版社:光文社
備考:光文社文庫 1989年8月20日 初版1刷発行
コメント

はじめに、そして、役に立たないことを考える時間について

2005-08-22 15:25:49 | Weblog
大人になると役に立たないことを考える時間も能力もなくなってくる。(*1)

わたしも、そう思います。


(*1) コミック教養講座(朝日新聞2005年07月24日掲載)評者:南信長

書評の対象は、
書名:サナギさん 1
著者:施川ユウキ
出版社:秋田書店
です。
コメント