年金受給者の日々へ 悪戦苦闘の記録から

自分のXデーに向かってまっすぐに走る日々
   年金受給前の悪戦苦闘の日々より

日曜日を過ごす

2018-04-22 00:00:00 | Weblog

 ほとんど毎日が日曜日の中の日曜日はカレンダーの中の日曜日でもある。

 土日はジムにも整形外科病院にも行かない日となり、キョウイクのこともない。
 少しは身体を動かそうとしても、足と腕の痛みからついついじっとしてることがここ最近多い。そこを奥さんは見計らったように自分のことに専心している。移動図書館から借りている本を手に取りソファに座り、見えにくい眼を活字にこすり付けるようになめ回すようにして読み、テーブルにはお伴のコーヒーを置いている。表紙を見ると葉室麟本  これも面白いらしい。

 痛みを抗して、20分だけ散歩行こうか…と声かけると、突然開けていた本を音が出るほどパタンと閉めて、行くという。
 20分の行程が、ついつい休みながら50分もかかってしまった。途中で見つけたのは、

 空き缶など廃品で作ったものらしい。


 午後見たメタセコイヤの坂道は下枝を切り払ったようで明るくなり枝には優しそうな柔らかな新芽が芽吹いていた。



 春爛漫。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 降下曲線と水平線の間にて | トップ | 月曜日をも過ごした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事