年金受給者の日々へ 悪戦苦闘の記録から

自分のXデーに向かってまっすぐに走る日々
   年金受給前の悪戦苦闘の日々より

花言葉に乗せてみた

2016-06-28 00:00:00 | Weblog

 ささゆりの花から強い香気が、明け放すドアの隙間から居間まで漂ってくる。この花の花言葉に清浄・上品とある。

 清浄の意味を問えば、少しもけがれがなく清らかなことであり、仏教でいえば、煩悩(ぼんのう)や罪のないこと。とある。酔うように香ってくる匂い。

 清らかな場にいたいと思うも、今盛りのアジサイの花言葉は、移り気。

 この移り気に自分は、振り回されてしまった。自分たちの支援チームが撃沈したこと。

 失敗しないように、念には念を入れて仮釈放者のNの就職を事業主や関係官庁出席の中での面接会で決めたにもかかわらず・・・作業着や靴など予算で購入していたにもかかわらず、突然出社日の前に・・「行かない」だと・

 何を今頃言うトンじゃ・・
 あったまにきた。。 刑余者の気ままな移り気に振り回される。チーム全員意気消沈する。犯罪者が再びの社会に出ることの難しさを考える。
 強い雨の中今治地区の造船所に出かける。今日の新しい相談者は塀のない刑務所で就職相談のこと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 退院です | トップ | 人を見るってか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事