きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「ある男」

2022年11月26日 | 映画


終わってみればブッキー弁護士が主役なのに
枝葉が多くてスッキリせず。

差別やヘイトが主題にしても、
戸籍交換のあたりはもうちょい説明して欲しかったけど、
弁護士の自分探しにはいらん話か。

もそもそ台詞を言うのが自然体という邦画の理想は無くして欲しい。
役者の演技は素晴らしかった。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「家政夫のミタゾノ THE STAG... | トップ | 「家政夫のミタゾノ THE STAG... »

コメントを投稿