きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「アナと雪の女王2(吹替版)」

2019年11月27日 | 映画
字幕版の記憶が残っているうちに吹替を見てきました。
今回は吹替の方が話がわかりやすいです。
限られた文字数であの話は把握できません。

新オラフの声も可愛かった!
時々のイケボはサービスなのかな。

スペクタクルな冒険ファンタジーとしては
すごく面白いんだけどね。
続編にコレは、とやっぱり思う。
結論ありきな流れのような気もするけれど
姉妹愛、特にアナが姉を思う気持ちにジンときたわ。

女王の配偶者が王族じゃ無くてもいいのかな。
と、思っちゃいけないんだろうな。

「フィフス・エレメント」を家で見てたとき母が
「5番目のエレメント?木?」と聞いてきたのを思い出したよ。

じじいの蛮行はあって当然なのかなあ。
あれが「仲違いのもと」程度で終わるのがアメリカなのか?

松田さん、大きい仕事をもらったなあ。
コメント   この記事についてブログを書く
« トランプで遊ぶ | トップ | 「ネメシス」 »

コメントを投稿