きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「ベジャール・ガラ(中国の役人:木村和夫)」東京バレエ団

2013年01月20日 | バレエ・ダンス
「ドン・ジョヴァンニ」 音楽:フレデリック・ショパン (モーツァルトの主題による)
 ヴァリエーション 1:加藤くるみ、三雲友里加、高浦由美子
 ヴァリエーション 2:矢島まい
 ヴァリエーション 3:河合眞里、伝田陽美
 ヴァリエーション 4:乾友子
 ヴァリエーション 5:奈良春夏
 ヴァリエーション 6:渡辺理恵
 シルフィード:吉川留衣


席のせいかもだけど、
今日の方がウキウキ感があった。
伝田さんはもっと笑顔を!
(終始恐い顔だった)
でもやっぱり妄想力が薄いかなあ。
だからオチも生きない。

渡辺さんが優美で暖かい踊りだった。
とても美しかった。

ドンファンは十市くんだったんだってね。
確かに、昨日て違ってバリバリ演技してるなー、
と思ってたけど。
でも、無造作に通り過ぎる方が
演出的には合っているんじゃ・・・?


「中国の不思議な役人」 音楽:ベラ・バルトーク
 無頼漢の首領:森川茉央
 第二の無頼漢―娘:小笠原亮
 ジークフリート:柄本弾
 若い男:田中結子
 中国の役人:木村和夫


すごく良かった!
森川くんと小笠原くんの力関係も良かった。
小笠原くんに、「男性が女性役」が、
さらに倒錯して「男性に支配され女になっている男性」、
のようなニュアンスがある。
より複雑な関係っぽくてイイわ~。

木村さんも不気味。
起き上がるごとに人間離れして、
さらにパワーアップしている。
怖いけど楽しい!

カーテンコールで飯田芸監が花束を差し出したとき、
「自分に?」と、戸惑っていた木村さんが可愛かったわ~。
その後は客席に投げキッス。
嬉しいけど、
もうこの役が最後なのが感じられて寂しい。


「ギリシャの踊り」 音楽:ミテキ・テオドラキス
 I.イントロダクション 
 II.パ・ド・ドゥ(二人の若者):宮本祐宜-岡崎隼也
 III.娘たちの踊り 
 IV.若者の踊り 
 V.パ・ド・ドゥ:小出領子-梅澤紘貴
 VI.ハサピコ:上野水香-高岸直樹
 VII.テーマとヴァリエーション 
 ソロ:後藤晴雄
 パ・ド・セット:
  西村真由美、乾友子、高木綾、
  渡辺理恵、村上美香、吉川留衣、矢島まい
 フィナーレ:全員


結局、高岸さんの存在感が圧倒的すぎて。
他もいいんだけど、世代交代は難しいね。
たくさんのダンサーが出てカーテンコール、
は、それはそれでいいんだけど、
「役人」のあとに、
ほんわかなプログラムが来ると
気が抜けて仕方がない。
最後は盛り上がって帰りたいわ。

宮本くんと岡崎くんが
かなりしっかりしてきたなー。


アッサンブレ会員特典の写真は、
小林くん、木村さんとも「役人」でした。
「写真付き」と言われると
「動員をかけられた」と自動変換するヅカ脳なので
頑張って友人を誘いましたよ。
感想を聞いたら「男性陣は背が低い人が多い?」でした。
痛いところを・・・


◆上演時間◆
「ドン・ジョヴァンニ」 15:00 ~ 15:25
 休憩 15分
「中国の不思議な役人」 15:40 ~ 16:15
 休憩 20分
「ギリシャの踊り」 16:35 ~ 17:10
コメント   この記事についてブログを書く
« 清澄庭園 | トップ | 「逆転裁判3 検事マイルズ・... »

コメントを投稿