きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「ミレニセンス」

2021年09月19日 | 映画


戦争と気温上昇で世界は半沈没。
未来への希望を失った人々は過去の記憶に縋る。
元は戦時中の自白システムを利用し、
リアルな過去を体感させるサービスを行う男。
ある日彼は依頼者と恋に落ちる。

SF設定だけど、ミステリーと思わないと話を見失う。

都市の半分ぐらいは5階(?)ぐらいまで沈み、
人々が暮らす街も道路には常に10cmぐらいの水。
そこを車が走り、人は長靴で歩く。
そこに記憶再生システムと、ビジュアルとネタは面白いのに、
いまいち繋がっていない。
繋がればウハーッな世界なのに。惜しい。

ビジュアルの美しさに、うほ、となっていたら、
ミステリーの鍵をいくつも見落としていたわ。
半端なモノローグが眠気を誘う。

ラストはハッピーエンドなのか、
それともこの世界が彼の夢なのか。

それば別にしても、ヒュー・ジャックマンは可愛い。
それだけでも、良い。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「大ベルセルク展」 | トップ | 台湾フェスティバル2021@上野 »

コメントを投稿