きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「沈黙 -サイレンス-」

2017年02月05日 | 映画
宣教師が棄教するか迷う一番の盛り上がりどころで
着物姿のリーアム・ニーソンが出てきて、
御褒美画像のような尊いお姿を見ていると
話なんてどうでもよくなった。
リーアムが正しいんだよ、疑問を持つな。
リーアムこそ神。


というのが正直な感想。


日本人が英語を喋っている以外は
不自然さは殆どなかったな。
テーマは「神とはなにか」より、
「日本にキリスト教が根付かなかったのはなぜか」なのかな。
いまなら「神さえ日本的カスタマイズ」といえるけどね。
「日本は沼」とは言い得て妙。

それにつけても。
当時の宣教師がどう思っていたかはさておき、
キリスト教が文化と政治を乗っ取るのを見抜いた
当時の日本の為政者は偉いな。
(キリスト教化された国が乗っ取られたのは
 結果論かもしれないけれど)
棄教システムも合理的だ。
司祭を殺すだけでなく、
棄教させて取り込むのも上手い方法だよね。

なんども転ぶキチジローにこそ
神は救いの手を差し伸べる、
ともいえるけど、
それでも試練を与えすぎだよなー。

神の声は、求めているときには聞こえない。
全て諦めた後なら聞こえる?
死に行く人にも聞こえた??


映画の中の拷問、処刑方法は、
思っていたほど残酷ではなかったな。
もっとすごいのがあったような。
(フェレイラの逆さ吊りなどは史実どおりらしい)


こんな時代があっても、
ずっと信仰していた人もいるんだよね。
開国して外国人用の教会に行って、
「今まで棄教せず信仰を続けています」
と話しかけたら牧師(プロテスタント)だったとかとか、
いろいろ思い出した。

んで、転びバテレンといえば眠狂四郎よねー。


私は気がつかなかったけど、
宣教師が絵を踏むとき鶏が鳴いていたのか。
(たぶん、鶏が鳴く=ペテロの否定の暗喩だよね)


「ラスト、コーション」を少し思い出した。
若者の、悪い面を見ようとしない正義感と冒険心。
青春のウッカリ、みたいなアレ。
仏版ミュージカルロミジュリの「世界の王」のようなアレ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「奇跡の人」(午前十時の映... | トップ | 2/9めも »

コメントを投稿