きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「エターナルズ」

2021年11月18日 | 映画


超人集団のヒャッハーなアクション映画だと思ったら少し違った。
創造主への反乱だった。
誕生場所の映像から、オレアナvsガルーダみたい、と思いました。
早く動く子はパックのようなイメージなんでしょうが、加速装置よね。
ふふ。

マブリーのラブリーさが正しく表現されているし、
武器は己の拳で得意技が張り手というだけでもありがたいのに、
アンジーと恋仲な役なんて俺得すぎるだろ!
吹替版の方が良い時間帯だったんだけど、
ドン・リーの英語台詞が聞きたくて字幕版を見ましたよー!
3部作なのに今回で退場なのは残念。

アンジーは久々に大画面で見たけど、合う役で良かったわ。

次回は宇宙の旅になりそうなためか、
今回は地球をひとめぐりみたいな舞台だったなあ。
踊るボリウッド映画場面あり、
成長できない不老不死の悩みは吸血鬼映画のアレだな。

ヒロインが森口博子似だった。

アクション映画より、
壮大な叙事詩みたいだった。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「進撃の巨人The Final Seaso... | トップ | 「ファイト・クラブ」(午前... »

コメントを投稿