きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「20世紀少年 第1章」

2009年01月24日 | 映画
久々に予定が入っていない土日です。
それなら、どちらかで映画三昧でしょう。
夜遅くなるのなら、土曜日に集中だよね。
(そのように考えた後に、
 姪のランドセル購入に付き合うことになりました@日曜日)

こういう時は、新宿ピカデリーです。
歌舞伎会カードで1本いつでも千円です。
それでも「有料鑑賞」扱いでポイントが溜まります。
11時半頃映画館に着いて、
3本の座席指定を受けてから昼ご飯に行きました。
効率的よね。




第2章公開直前の復習上映。
ロードショーで見逃していたので
ここで見ておこうと思いまして。
面白くないとはいえないけれど
長い原作のエピソードを
かなり頑張って入れたんだろうな、ってのが
素直な感想。
流れ的には「序章」の部分だと思うので
評価はできないよね。
唐沢さんの演技があまりにもマンガ的だけど
こういう作品だから、これでいいんだよね。
うーんとね。
<あの俳優さん>が、
あれだけの出番で終わるはずがないと思うんだけど。
彼が「ともだち」?
それとも、ただの無駄遣い?
幼女時代のカンナちゃんが可愛かった。
後半のロボットが通るところが
よく知っている場所のあたりなんだけど
とてもリアルだったので、恐かったわ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日の美味しいもの | トップ | 「007/慰めの報酬」 »

コメントを投稿