きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「レ・ミゼラブル(2017年版)」(バルジャン:ジュンモ、ジャベール:吉原)

2017年05月27日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)




ジュンモさんは記憶より熱血。
訛りは殆ど無し。
豊かな声量だけど、爆音とは違い
とても聞き取りやすい。
感情を歌に乗せるのが上手く、
バルジャンの気持ちの奥底がひびいてくる。
罪人だけど真っ直ぐ。
正義なのに屈折しているミツオとのバランスも良い。
二人の掛け合いは大迫力!

ミツジャベは「来た来た来てるよーー!」の
ウハウハ感で一杯になる。
当たり役だよね。
いいよ、いいよ、大好きだよ!
猛々しい猟犬、これぞジャベール。
衣装に肉襦袢を巻いてる?自腹?
製作発表より全体的に大きくなっている気がする。

ミツオと橋本じゅんさんの掛け合いもアメージングだ。
こういう二人を見る日が来るとは。
じゅんさんとほのかさんはコメディ要素はあっても
ギャグではないので、悪人部分が際立つ。
アドリブが多い?
脚本どおりだけどじゅんさんだから伝わりやすい?
テナルディエ夫妻はギャグ要素が少ないと、
のし上がった感が凄いな。
結婚式もブルジョワの資格を得て参加したんだろうな。
したたかにランクアップして生き延びる。
新しい国を作るのは彼らなんだな

コゼットの生田さんは歌声は細いけど綺麗なソプラノ。
そして可愛い。ドレス捌きもいいね。
小顔で首が細くて長いから衣装が似合う。

海宝くんは、なんといえばいいんだろう。
華やかとは違う、鮮やか、かな。
客への訴求力が強い?
アピールしているわけじゃないんだけと、
こっちに押し寄せてくるような。
歌も安定している。

ふうかちゃんのエポニーヌはいじらしい。
横恋慕の辛さが伝わってくる。
でも二人の世界とは違うのもわかる。
強気だけじゃなく女の子らしい部分があるから、
邪魔者感はなかった。

たっちんのファンテーヌ良かったよ。
一幕前半の死の場面で、娘の幸せを願う親の気持ちが伝わってきて、
母を思い出して泣いちゃった。
幸薄そうな彼女がバルジャンを導くときに
暖かく安らぎを与える聖女のようなところが好きなの。
バルジャンも穏やかにすごせるところに行くんだな、と。

上山アンジョは熱い。
バッチに歌えるのか?
青ジャケはあなただろう、と思うんじゃないか。

今回はすごく良かった。
感動も、納得もした。
キャストの組み合わせがとてもいい。


本日ソワレはおけぴ貸切。
カテコはまずカンペを見ながらジュンモさんが挨拶。
「レミゼを深く愛してくださっている皆さんの前で、
 また、日本上演30周年で演じることができ光栄です。」
みたいなかんじ。
ミツオが補完する予定だったみたいだけど、
上手な挨拶だったのでその必要無しということで、
ミツオがおけぴの紹介。
おけぴは空席を埋め、席が欲しい人に渡す素晴らしいカンパニー。
自分の劇団の公演も助けてくれた。
皆さんこれからもおけぴでチケットを買ってください。


ラストでジャベールだけいないと、
幕が閉まっだけあとに下手からセリ上がって来るんじゃないかと
期待しちゃうよね。

「エポニーヌの死を無駄にしてはならない。
 シトワイヤン、ゆこーっ!」を期待するのも毎回か。


【配役】
ジャン・ バルジャン:ヤン・ジュンモ
ジャベール:吉原光夫
ファンテーヌ:和音美桜
エポニーヌ:唯月ふうか
マリウス:海宝直人
コゼット:生田絵梨花
テナルディエ:橋本じゅん
マダム・テナルディエ:鈴木ほのか
アンジョルラス:上山竜治
コメント   この記事についてブログを書く
« 5/26セトリ | トップ | 5/27セトリ »

コメントを投稿