きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

台湾旅行(1)

2018年10月25日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
第3回の宝塚台湾公演が発表されたのは
2017年6月6日。
たぶん行く、きっと行く、
でも一応演目待ち。
同年12月26日に
小柳芝居、齋藤ショーが発表され
行くことにしました。

できれば宝塚が初めて上演される
高雄に行きたかったけど
日程の都合で無理だったので
10月25日の夜公演に行くことにしました。
ついでの観光は台南!

飛行機のチケットは4月に取りました。
サーチャージ込みで往復6万円ぐらい。
羽田-福岡の正規料金が片道3万越えと思うと
安いよね!!!

宿と公演チケットは友人が取ってくれました。

記事中のレートはわかりやすく1台湾ドル=4円で計算しています。
(実際には3.8円ぐらいでした)

10月25日
4時半起き。
羽田にはバスが少し遅れ7時20分ぐらいの到着。



け。ちゃんと合流。

チェックインをして荷物を預けたら
使用機材にトラブルがあり
出発が2時間半ぐらい遅れるとのこと。
まあ、国際線にはありがちよね。
夜公演に間に合えばいいし、と
のほほんと思っていたら
なんとお詫びのお食事券が出るとのこと。

とりあえずお腹が空いているので
保安所を通る前に朝ご飯にしましょう。

出発ロビー5階のプロントでモーニング。


先に保安所を通ったM子さんからの情報。
元の搭乗口で配布されているお食事券は
1500円とのこと。
せいぜい500円ぐらいと思って
ご飯を食べちゃったよ!
これは使うしかない!!
行こう。

保安所を通り、出国ゲートへ。
自動化ゲートからだと
ものすごく早く出られるのね。
チケットは紙1枚だし。
(3枚綴りの時代はいつのこと・・・)
便利になったねえ・・・。

元の搭乗口でお食事券受取。
JALのお姉さんはしきりに謝るけど
私たちはホクホクの笑顔。

フードコートでM子さんと落ち合い、
軽く寿司を食べることにします。

じゃじゃん!

炙り中とろ800円
ずわい蟹540円
納豆巻き200円。だったかな。
自腹40円で高級寿司。
とろの脂がジューシー。
本物の蟹!

11時から搭乗が始まり、いよいよ出発。
あんなに食べたのに、機内食も食べますよ。

「賛否両論」の豚丼など。

機内誌をぱらぱら。
リカちゃんだ!


機内上映で見逃していた「トゥームレイダー ファースト・ミッション」を見る。

お金を出さなくて良かった・・・

現地時間で2時半ぐらい?だったかな?
松山空港到着。


両替したりSIMの入れたりして
タクシーで台北のホテルへ。

途中、星組公演のラッピングバスを見る。


ホテルリラックス IIに到着。
SFチックなロビー。


2階の壁には鹿の顔(プラスチック)。


お部屋。

ダブルベッド、シングルベッドのトリプルの朝食付きで
日本円で13000円ぐらい。
台北駅から徒歩5分ぐらい。

荷物を置いて、台北駅で明日の新幹線の指定席を取り、
地下鉄で板橋駅へ。
駅から徒歩3分ぐらいのグローバルモール(環球購物中心板橋店2F)に
アランジアロンゾのカフェがあるのです。

来たぜ!







ここも店長はカッパくんなのかしら。

このあとの都合で、夕食的に食べる。






私はフィッシュフライカレーっぽいもの。


白うさのケーキ。


可愛いうさぎが無残な姿に。。。



中の果物が大きかった。
ケーキはふわふわ。

ドリンク3つ、ご飯もの3つ、ケーキ1つとサービス料
すべて込みで6400円ぐらい。

お腹いっぱい。
地下鉄で西門のアニメイト台北へ。

見慣れたロゴだ。

花道君!


お目当ては、凜雪鴉&殤不患!







うほほーーーーーーーいっっっっっ!!!!
自慢げにグッズを持っている殤不患と
ツッコミを入れているような凜雪鴉。
いいねえ。
ふふふ。

グッズも展開してました。

2期のDVD予約特典に
聆牙のUSBメモリ(32MB)があって
すごく欲しかったんだけど、
受け取れないし・・・

堪能して、地下鉄で国家戯劇院へ。

この辺だったかな。
日本のSuicaのようなプリペイドカードをコンビニで買いました。
いろんな柄の中からけろっぴをお迎え。

交通機関の他、コンビニ等でも使えます。

星組公演観劇。
トークコーナーが長引き、
出待ち風景も見てたので、
劇場を出たのは23時頃。
軽めの夜食を食べに行きます。

予想外の大盛り。
全然軽くない。
できる限り食べたら0時半近く。
終電が行ってしまったので
タクシーでホテルへ。

手早く顔を洗い就寝。
おやすみなさい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「Thunderbolt Fantasy 東離... | トップ | 台湾旅行(2) »

コメントを投稿