きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「自然が彩る かたちとこころ」@三井記念美術館

2021年07月24日 | 美術館・博物館(各種原画展含む)


自然を描いた、絵画、陶器、蒔絵、着物などなど。
応挙や玉草の絵もありました。
企画の視点が面白い。

説明文もすごくわかりやすい。
入場者が少なく、じっくり見られました。

道具の中で表されるのは樹や動物などだけではなく
風、なども。
斜めに貼り合わせた板で表現とか
発想がすごいわ。

蒔絵の細かい仕事も
ただただ感服。

映画と宝塚の間に
屋外に出ず遊ぶの結果でしたが大正解!
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「シャイニング」(午前十時... | トップ | シャンテ月組衣装等 »

コメントを投稿